吉田佳右容疑者の大学「北海道大学と千葉大学の院卒」メタノール殺害事件

吉田佳右(よしだけいすけ)容疑者の大学や高校・経歴を調査
  • URLをコピーしました!

東京都大田区西馬込1丁目のマンションで妻の吉田容子(よしだようこ)さんにメタノールを飲ませ死亡させたとして、大手製薬会社第一三共の研究職員の吉田佳右(よしだけいすけ)容疑者40歳が逮捕された。イケメン吉田けいすけ容疑者の大学や高校などの経歴・自宅などを調査していきます。

目次

吉田佳右容疑者の大学経歴「北海道大大学院と葉大大学院」

東京都大田区西馬込1丁目のマンションで妻の吉田容子(よしだようこ)さんにメタノールを飲ませ死亡させたとして、大手製薬会社第一三共の研究職員の吉田佳右(よしだけいすけ)容疑者40歳が逮捕された。イケメン吉田けいすけ容疑者の大学や高校などの経歴・自宅などを調査していきます。

吉田佳右容疑者は国立千葉大学の理系卒で薬学の知識が豊富だという。メタノールの取り扱い方はもちろんいろんな薬品の取扱いには手慣れていると考えられる。

吉田佳右容疑者らしき人物の資料があった。触媒的Diels-Alderによる光学活性…etcというタイトルである。一般の私たちからするとタイトルの時点で何を言ってるのかちんぷんかんぷんだと思う。吉田佳右容疑者は千葉大学大学院医療学薬学府を修了しています。

また、北海道大薬学部の卒業している。「成績優秀で明るい人。殺人事件を起こすなんて想像もつかなかった」と大学時代を知る男性は言う。「いつも中心にいる人気者」で、同級生を誘って飲みに行く姿が印象に残っているという。薬学部では有機化合物を研究してメタノールは日常的に使っていた。イケメンの吉田佳右容疑者は学生時代モテていたと思われる。

吉田容疑者は北海道大大学院薬学研究科を修了後、第一三共に入社し、研究員として薬品の研究や開発を担当。働きながら千葉大大学院医学薬学府で学び、博士号を取得、米国の大学にも留学していた。

吉田容子さんも神戸大農学部卒業後、京都大大学院農学研究科へ進学し修了後の2007年4月に研究員として第一三共に入社。吉田佳右容疑者と同期で、2010年に結婚後、退職していた。小学生の長男と3人暮らしだったという。

吉田佳右容疑者の高校時代の写真を見るとかなり爽やかな印象だ。今でいう塩顔イケメンでないでしょうか。

吉田佳右(よしだけいすけ)容疑者40歳の高校時代の顔画像

同期入社の結婚で次第に亀裂が入っていった。

かつての大学時代の友人らの話を聞くかぎりでは、妻を殺害する人ではなかったという。夫婦の間に一体なにがあったのか。このニュースついて追っていく。

吉田けいすけ容疑者の自宅マンション場所「パークホームズ西馬込クリアコート」

吉田佳右容疑者の自宅について調査しました。多くの報道がつめかけてテレビでもマンションの外観が写っていました。この外観をもとに調査していきます。

吉田佳右(よしだけいすけ)容疑者40歳の自宅マンション場所

〒143-0026 東京都大田区西馬込1丁目4−7

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次