吉田成那の両親「F1好きでアイルトンセナから命名か」ゴーカート事故

吉田成那(よしだせな)ちゃん2歳の両親や画像
  • URLをコピーしました!

北海道森町でゴーカートが暴走し2歳の男の子、吉田成那(よしだせな)ちゃんが死亡しました。函館市の吉田セナちゃんの顔画像や両親・家族、当時の事故の様子について調査していきます。

目次

吉田成那ちゃんの両親「アイルトンセナが好きな親なのか」

北海道森町の赤井川のホテル「グリーンピア大沼」のイベント会場で小学校6年生の女の子が運転するゴーカート(レーシングカート)がカーブを曲がり切れず、観客の列に突っ込み、函館市赤川1の吉田成那(よしだせな)ちゃん2歳が意識不明の重体、このほか4歳の男の子2人がけがをする事故が発生しました。吉田成那ちゃんの両親について調査していきます。

ネット上では吉田成那ちゃんの両親じゃF1好きな親なんだろうかと噂されているようです。F1界にセナという選手がいたということなのでしょう。フィギュアスケートの選手の三宅星南さんも名前の由来が父親が車好きだったことでせなと名がついたと言う話した。ゴーカート事故で死亡した吉田成那ちゃんも両親が車が好きな可能性がありますね。

アイルトン・セナ・ダ・シルバは、ブラジルのレーシング・ドライバー。F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した。レーシング界では有名な人物である。そんな有名なアイルトンセナだが、彼も事故で死亡している。アイルトン・セナ・ダ・シルバの希望したステアリング位置に調整する改造をしていたが、改造が不完全でその部分から走行中に破損して事故に至ったのだ。同じセナという名前でネット上では吉田世那ちゃんの親は、レーシング好きの両親だったのではないかと推測している。両親のどちらかまたは母親・父親のどちらかがF1好きなのかもしれません。他にも子どもがいたとしたらアイルトン・セナ・ダ・シルバのどこかの文字で「アイル」や「シルバ」などと名前をつけていたのかもしれませんね。

アイルトン・セナ・ダ・シルバの顔画像

この画像で映っている子どもは吉田成那ちゃんではありません。観客が立っていた前は黄色いコーンしか立っておらず、ゴーカートを静止する傷害物はありませんでした。

北海道森町の赤井川のホテル「グリーンピア大沼」のイベント会場のゴーカート事故現場の画像

下記画像が小学校6年生の女の子が運転していたゴーカート(レーシングカート)です。このゴーカートの排気量は200ccのものでした。ゴーカートは最高時速50キロが出る仕様になっていたという。当時、事故が起きた時は、時速40キロくらいでていたと考えられているようです。時速40キロも出ている物体が小さい子どもに当たったら大ケガするに決まっています。これは子どもに関わらず大人も大きなケガをすると考えられます。鉄の塊が突っ込んでくるのですから当然ですよね。

北海道森町の赤井川のホテル「グリーンピア大沼」のイベント会場のゴーカート(レーシングカート)事故現場の画像

アイルトン・セナ・ダ・シルバさんも事故で亡くなっていることで何やら不吉な予感がします。

吉田世那の加害者犯人「小学校6年生の女の子ではなく運営」ゴーカート事故

ゴーカート事故動画ツイッター「短い距離でも操作ミス!衝撃は物凄い!」

ゴーカート事故場所や動画「グリーンピア大沼」

9月18日午前11時45分ごろ、北海道森町の赤井川のホテル「グリーンピア大沼」のイベント会場で小学校6年生11歳の女の子が運転するゴーカートがコースを外れて飛び出して見物客に突っ込み、函館市赤川1の吉田成那(よしだせな)ちゃん2歳が意識不明の重体、このほか4歳の男の子2人がけがをしました。

ゴーカートを運営していたのは新千歳モーターランドというところです。

このイベントを主催していたのは、函館トヨタ自動車株式会社/函館トヨペット/トヨタカローラ函館株式会社/ネッツトヨタ函館株式会社です。合同でゴーカートイベントを開催していたようです。

結構知られていないが、メーカーのトヨタ自動車とディーラーの○○トヨタとかは全くの別会社だという。トヨタ自動車の専売をしてもら⇔トヨタの看板を背負わせてもらうという契約を結んでいるだけのようです。なので実際に車のを製造するトヨタ自動車は関係ない。

ゴーカート死亡事故のコメント
ゴーカート死亡事故のコメント

実際のゴーカートとレーシングカートとのスピード差を映像でご覧ください。

吉田世那の加害者犯人「小学校6年生の女の子ではなく運営」ゴーカート事故

ゴーカート死亡事故概要

北海道森町の赤井川のホテル「グリーンピア大沼」のイベント会場で起きたゴーカート事故について概要をまとめました。

  • 9月18日午前11時45分ごろ、北海道森町の赤井川のホテル「グリーンピア大沼」のイベント会場で小学校6年生11歳の女の子が運転するゴーカートがコースを外れて飛び出して見物客に突っ込み、函館市赤川1の吉田成那(よしだせな)ちゃん2歳が意識不明の重体、このほか4歳の男の子2人がけがをしました。
  • ゴーカートを運営していた新千歳モーターランド「通常はアクセルを離してブレーキを踏んで減速しないといけない場面なんですが、アクセルを踏みっぱなしになっていたという状況ですね。(女の子は)なんかもう混乱していたという状況で、なんとか止めようとして必死に努力したんですが止められずに、という状況です」
  • 事故が起きたのはゴールの手前で、見物客の前には頑丈なブロックではなくコーンとポールのみが置かれていました。
  • ゴーカートは時速40kmぐらいで見物客に突っ込んでいて、警察は女の子がアクセルを踏み続けていたとみて、事故の原因を調べています。
  • 吉田成那ちゃん2歳が頭から血を流し病院に運ばれ意識不明の重体となっていましたが、その後死亡が確認された。
  • 当日、イベント会場には、「高速」と「低速」の2種類のゴーカートが用意されていて、高速のカートの方で事故が起きたということです。
  • 事故を起こしたゴーカート(レーシングカート)は、イベントのために用意されたもので、排気量は200ccのものでした。ゴーカートは最高時速50キロが出る仕様になっていたという。
  • 会場では運転を体験する児童らに、事前にブレーキやアクセルなどの操作の指導も行っていた。
  • イベントは自動車販売会社「函館トヨペット」など4社が共催し、駐車場に臨時のゴーカートコースが設置されていた。

つづく・・・

ゴーカート事故11歳女の子の名前特定や責任「誓約書の内容がすごい!」

半澤彩奈の大学や高校「里の子ビクトリーで陸上競技」カレー漂白剤混入事件

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次