横浜高校野球部でいじめ!?「例年の負け続けに指導に熱が入ったか」

  • URLをコピーしました!

小野剛さんが自身のFacebookにて横浜高校野球部監督が暴言やいじめをしていて次男の息子:小野勝利選手が退部したと投稿した。小野選手や本田選手の転校先を調査していきます。

目次

横浜高校野球部でいじめ「部員が退部し転校する事態に!負け試合の積み重ね」

野球の強豪校と知られる横浜高等学校、しかし野球部監督によるいじめが告発され話題になっています。退部する生徒がなんと元プロ野球選手の息子である小野勝利君です。横浜高校終わったなと言われるほどの逸材だそうです。父親が元プロ野球選手ということもありかなり注目されている。しかし田村監督による暴言などの行き過ぎた指導による退部することになりました。また、小野勝利選手の他にも本田凌太さんも退部したというのです。

横浜高校野球部のいじめ問題が明るみになったのは小野勝利選手の父親である元プロ野球選手:小野剛さんからの告発です。小野剛さんは自身のFacebook(フェイスブック)で以下の投稿をしました。次男である小野勝利が横浜高校を退部したと冒頭に監督の暴言とイジメによるものだという文章がつづられていました。行き過ぎた指導で小野勝利さんだけではんく他のチームメイトの本田凌太選手も同様の理由で退学しました。本田凌太選手は、病院で診断を受けるほどメンタルがやられ野球をやめるという状態まで一時期追い込まれてしまったようです。現在は野球を続けると共に心のケアに努めているとのこと。また、上記2名の選手には止まらず他にも数名の選手がメンタルブレイクされている状態という。小野剛さんはこの状態を横浜高校の教頭先生に報告しましたが、何も対応をとってもらえなかったという。イジメ問題が明るみになると学校側が責められるのが風潮です。学校の名前が傷つくことを拒んでいるのでしょう。暴言やイジメを受けていた小野勝利選手は父親の小野剛さんには直接イジメを受けているなどとは言われておらず、間接的に事を聞いたと言う。横浜高校野球部関係者に確認を取ると「何も出来ずに申し訳ございません」と監督による暴言やイジメの事実があることを認めたようです。この事実を重く受け止め息子の小野勝利さんを別の高校に転入させることにしたようです。教頭先生との面談で暴言やイジメなどは「横浜高校野球部の指導の一貫」として問題ないとの解釈だそう。たしかに強豪校である横浜高校の野球の指導はピカイチですが、暴言やイジメはまた違った問題。それを指導の一貫と片付けてしまうのは少し違うと思う。

他の高校に移籍する小野勝利さんは前向きに調整しているようです。また甲子園を目指して日々練習に励むことだと思います。

小野剛さんのFacebookの投稿は騒動が思ったより大きくなったことを受け消されたようです。4月14日14時33分が最新の投稿となっています。

Twitterでおなじみの滝沢ガレソさんも甲子園強豪校横浜高校が監督によるイジメで転校かと取り上げていました。横浜高校は2019年にも監督&部長が〇ねなどの暴言を吐き解任されたばかりです。当時の平田監督が野球部員たちに、〇ねや「ややめちまえ」などと日常的に暴言を繰り返していたという。生徒の首根っこを掴み「何でできないんだ」と罵声を浴びせる様子も目撃されていたという。そんな過去もありながらまた横浜高校で問題が起きて炎上。学校側は「これがウチの指導方針」と説明し対応無し。同じことを繰り返しています。

近年の横浜高校の試合結果です。2018年から2021年にかけて横浜高校は試合で負け続けを記録。このことが監督たちの怒りの原因かもしれません。2021年の直近の試合では東海大相模に9-1という大差で負け春には桐光学園に9-1とこれまた大差で負けています。相次ぐ負けに指導に熱が入り行き過ぎた暴言やイジメにまで発展した可能性もあります。監督の八つ当たりに近かった可能性もあるでしょう。試合で負ける=監督がダメと世間では言われてしまいます。汚名返上で指導したが思うように試合に結果がでなかったのでしょう。

横浜高校野球部いじめ問題について何か新しい情報が入り次第追記していきます。

小野勝利は浦和学院高校へ「甲子園目指して再起!打倒横浜高校!」

小野剛さんにより横浜高校野球部のイジメや暴言が明るみになりました。監督のせいで2名の選手が退部して別の高校へ転校することになりました。そんな小野剛さんの息子:小野勝利さんは野球の名門:浦和学院へ転入されたという。小野剛さんそして父親の意見としては打倒横浜高校を掲げてほしいなと思いますね。浦和学院でも甲子園を目指し横浜高校を軽く打ち負かし優勝を飾ってほしいと父親である小野剛さんは思うと考えられます。指導は大事だが行き過ぎた指導は返って逆効果。将来有望な選手でもメンタルがやられて再起できない可能性もあります。逃がした魚は大きいと思わせるためにも小野勝利選手にはもっと飛躍していただき横浜高校野球部監督をぎゃふんと言わしてほしい。

本田選手は地元埼玉の高校に転向されるという噂がありようです。小野選手と本田選手が甲子園で争う日は来るのでしょうか。まずはメンタルケアが先です。心のケアをしっかりして練習に励み甲子園出場を目指して頑張っていただきたい!

秀岳館高校サッカー部コーチ暴力「いじめもあるが監督認めない校長もヤバイ」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次