上島竜兵さん死去の原因「2009年からのあの病気か」

上島竜兵さんが死去した原因を調査
  • URLをコピーしました!

5月11日上島竜兵さんが死去したと報道され日本中が驚きました。上島竜平さんの死去した原因などを調査しました。

目次

上島竜兵さん病気を抱えていた「2009年から徐々に痩せ顔がやつれていく」

5月11日午前7時すぎごろテレビに衝撃的なニュースが入ってきました。お笑い芸人トリオ:ダチョウ俱楽部の上島竜兵(うえじまりゅうへい)さん61歳が死去したという。ネット上でかなり話題になっています。今回は上島竜兵さんの死因について少しでも可能性がある原因について調査していきます。

2013年10月1日に上島竜兵さんが初期の糖尿病だと告白がありました。東京都内で行われた映画「レッド・ドーン」の公開記念イベントにゲストとして出席。上島竜兵さんはトークの中で初期の糖尿病であることを告白しました。

2009年8月ごろからテレビで見た視聴者が、上島竜兵さんがえらい痩せていたのに驚いていたようです。ダイエットした成果と表向きには公表していましたが、明らかに顔色も悪くみるからに不健康そうだ。大事無ければいいけどと過去のツイートがありました。今から約13年前から上島竜兵さんに異変・病気なのかもしれない疑惑が浮上していたようです。

また2010年にも上島竜兵さん糖尿病かあ。最近顔色が悪いから気になっていたとツイートがありました。このツイートからすると2009年のダイエットと公表していたのはウソだったのではないかと疑ってしまう。世間に心配をかけないようにやせ我慢をしていたことでしょう。あ

2010年から2015年にかけて上島竜兵さんの顔色が悪すぎるというツイートが毎年あることがわわかりました。お茶の間のみなさんは、かなり上島竜兵さんのことを心配しているようでした。上島竜兵さんは糖尿病と戦っていたのでしょう。

2015年以降は上島竜兵さんに関するネット上の書き込みは途絶え、一時期は顔色も良くなり顔色をうかがう書き込みもありませんでした。しかし、2022年くらいから再び上島竜兵さんのことについてTwitter(ツイッター)に投稿がありました。ちょくちょく見てたけど痩せてる?うつ病だったのか?5月8日に放送されたドリフ大挑戦スペシャルでは顔色が悪いように見えたと投稿されていました。また近年体調があまりよろしく無かったのか上島竜兵さんの体調を気にかける投稿がたくさんありました。

上島竜兵さんドリフのコント中1人だけ顔色が悪く汗をダラダラかいていてぎこちない笑顔だったようです。いつ倒れてもおかしくない状態のように見え心配していたようです。お茶の間の子どもでさえ気づくレベルだと言うことなので誰でも気づくくらい顔に出ていたのでしょう。

5月12日の記事で上島竜兵さんの関係者が心の病について完全否定していました。前日も仕事の話をしたり元気な印象であったと話しています。しかし、鬱病という病気は感情の浮き沈みが激しい病気です。今日元気そうでも明日にはかなり落ち込んでいるときもあります。

上島竜兵の首吊り自殺の真相「後輩芸人に泣きながら語る」大物芸人死去

上島竜兵さんの死因は「コロナ渦でキス芸が封印され仕事が無いからか」

お笑い芸人トリオ:ダチョウ俱楽部の上島竜兵さんが自殺したとニュースで報道されました。自殺した原因は未だ誰もわかってはいません。しかし、芸能界というとストレス社会、俳優の三浦春馬さんや神田沙也加さんが自殺するなどの芸能人関係や仕事のことなどストレスになることは様々です。

上島竜兵さんの鉄板芸と言えば熱湯芸ですが、その他にもキス芸などもあります。上島竜兵さんと相手方が言い合いになり最後は顔を近づけキスをして仲直りするという鉄板芸があります。しかし、そのキス芸も新型感染症の影響でソーシャルディスタンスが徹底され人と人の距離を開けなければなりません。そういった期間が2020年から2022年にかけて今もなお行われています。マスク着用の徹底。マスク無では恥ずかしいパンツと同じ扱いだと一部の人が言うほど新型感染症対策が日本では厳しく根付いてきました。上島竜兵さんの鉄板芸はキスをするなど人との距離が近い芸風であるため、ここ2年ほど仕事は激減していたことだと思います。また、5月に入り5月病なども重なる時期。今後どうやって芸能界を生きていくのか考えていたと思われます。

仕事の激減や竜兵会などの酒の飲み会をする機会がかなり減ったことでストレスを感じていたのではないかと推測されます。仕事がもらえないと生活が苦しくなる。だけど酒はやめられない。1人夜な夜な飲み耽っていたことでしょう。自殺に追い込まれるほど悩み・ストレスを抱えていた上島竜兵さんは将来の不安がかなりあったのではないかと考えられます。おさまる気配のない新型感染症。いつまで鉄板芸を封印しないといけないのだ。違う芸風も視野に入れていたことでしょう。

ダチョウ俱楽部の三人は自虐的に話していました。三人が離れていると全然面白くない。1人でもかけてしまうと今まで約30年間やって爆笑とってたギャグがすべて使えないという。客観的に見ると冷静に離れて見えるとそこまで面白くない。それはが世間にバレてしまったと。自虐的にはなしその会場を笑わせました。ダチョウ俱楽部の三人はすでに自分たちの欠点を理解していたようです。

上島竜兵さんが自殺してしまってからお笑いトリオダチョウ俱楽部ではなくなってしまいました。そして三人揃ってしかできない伝家の宝刀のギャグがが一生使えない。もうあのお茶の間を爆笑の渦にしていたダチョウ俱楽部がもう存在しないとなると上島竜兵さん何で死んでしまったんだよと思うところがある。あなたが死を選ぶことそれはダチョウ俱楽部を死に追いやることと同じです。ダチョウ俱楽部は上島竜兵さんを含めた3人でダチョウ俱楽部。上島竜兵さんがまたはその他のメンバーが1人でもかけてしまってはダチョウ俱楽部の存在する意味がなくなってしまう。

上島竜兵さん家族に申し訳ない「迷惑かけているなぁと思っている」

新型感染症で竜兵会は公に飲み会をすることがてきなくなりました。外には飲みに行けないのでかわりにリモート飲み会をやっていたそうです。しかし、だんだんと後輩たちがリモート飲み会がめんどくさいと嫌がっていた。後輩芸人たちのかわりになってくれるのは嫁さんです。上島竜兵さんの文句などを聞きながら一緒に飲んでくれる優しい嫁さん。上島竜兵さんは楽しそうに飲んでいたようです。また、夫婦は料理好きで必ず一緒に食事をするというほど夫婦仲が良かったそう。仕事が減っていく一方で飲む量が変わらない上島竜兵さん。自宅で飲む機会が増え将来のことを考えていたのかもしれません。酒を飲んでばかりで俺は何しているんだろうそんなことが頭によぎっていたかもしれません。普段は竜兵会なので不満や心配ごとを笑いや楽しさで忘れていたけれどそういう機会も減り我に帰る時間が増えたのが原因の一つなのかもしれませんね。

上島竜兵さんというと日本酒を水とすり替えられいるのに気づかずに水を飲んでベロンベロンに酔ったという面白いエピソードがあります。

日本酒の一升の中身を水に入れ替えた有吉弘行さん。上島竜兵さんは気づかずにぐびぐびとのみ進め、2時間後にベロンベロンになっていたと語っていました。ある程度お酒が入ってしまえば脳をだますことは容易いのかもしれません。

家族のように接していた志村けんともう一度このような笑顔でお茶の間に出てきてほしい。無邪気で、少年みたいな笑顔を振る舞っている上島竜兵さんをみなさん楽しみに待っています。もうあの面白いキス芸や熱湯風呂が見れないと思うと心にぽっかり穴が空いたような気持ちになります。

とうとう殺しやがったなお前ら!おテレビ番組に出演していた上島竜兵さん。それが現実となってしまいました。棺の中から「勝手に殺すな!」と怒りながら出てくる上島竜兵さんをみなさんまっています。

つづく…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる