田口翔の弁護士の名前は誰だ!?「サイズ不一致シャツが出てだらしない」

田口翔(たぐちしょう)の弁護士の名前は誰でどこの事務所なのか調査!
  • URLをコピーしました!

4630万円を誤送金した問題で田口翔(たぐちしょう)24歳の弁護士が記者会見を開き現在の状況を説明した。田口しょうの弁護士の名前は誰なのかまた事務所はどこなのか調査していきます。また田口翔さんがネットカジノで給付金を使ったことなどについて調査します。

目次

田口翔の弁護士の名前は誰!?「顔出しNGの異例の会見!不利益は承知済み」

5月16日、田口翔(たぐちしょう)さんの弁護士が記者会見を開きました。そこでは弁護士の顔を映さないという異例の会見となり話題になりました。この記者会見を開いた弁護士の名前は誰なのか調査していきます。

田口翔(たぐちしょう)の弁護士の名前は誰でどこの事務所!?身なりがだらしない画像

顔出NG記者会見を開いた弁護士の名前は誰なのでしょうか。現時点では名前・顔・年齢などは一切公表されていません。これはおそらく、世間で話題になっている4630万円の誤送金で大きな反響があるという点があるからでしょう。この問題は、4630万円の誤送金があったのを十分に理解した上で、お金を別の銀行口座に移し替え返還請求に応じない田口翔さんに矛先が向くのは承知の上だからではないでしょうか。463世帯分の給付金を1人の男性が持ち逃げする事態そしてそれは我々市民の税金によって支払われます。約500世帯のお金を独り占めしていることに誹謗中傷が来てしまうのは当たり前ことです。それを理解した上で田口翔さんの弁護を引き受けるのですから当然、弁護士の人にも矛先が集中するでしょう。なぜ田口翔さんの弁護をするんだと疑問に思う人がいると思います。それは以下に理由があります。

弁護士は、法律をしっかり学び、正しく使う専門家です。 弁護士は、「基本的人権を擁護(ようご)し、社会正義を実現すること」を使命として、法律の専門家として、人々の自由、財産、健康などの権利を守るとともに、不正が行われることのないように、社会を見守り、みんなが安心して暮らせる社会になるよう仕事をしています。決して正義の味方ではありません。例えば、返還請求に応じない田口翔さんに阿武町は弁護士費用を上乗せした5100万円を請求しています。この弁護士費用は田口翔さんが支払う義務はないなどということを、法律などを駆使して支払わないように擁護するなどが田口翔さんの弁護人の仕事です。正しい請求はされているのかなどを見極める重要な役割になっています。

会見中のカメラ映像は終始田口翔さんの弁護士の手元を映していました。この画像をみる限りでシャツの袖が長すぎではないかと思われます。サイズが合っていないのでしょう。弁護士というと身なりはキッチリとしている印象がありますがこの弁護士にはキッチリとした印象はありません。ますます。田口翔さんの弁護士の名前は誰なのか知りたい気持ちが世間では強くなっているのではないでしょうか。

田口翔(たぐちしょう)の弁護士の名前は誰でどこの事務所!?身なりがだらしない画像

田口翔さんの弁護を引き受けたという事実が世間に公表されてしまっては今後の仕事に悪影響を及ぼしかねない事態になります。さらには全国放送でこの身なりを終始放送されるという醜態です。だらしのない弁護士ない弁護士はいったい誰なのか名前を教えてほしいと日本全国の国民は思っているでしょう。スーツもダボダボで昔は少し太っていたのでしょうか。スーツにゆとりがある印象です。後ろからみた印象では歳は40から50代の中年男性に見えます。

田口翔(たぐちしょう)の弁護士の名前は誰でどこの事務所!?身なりがだらしない画像

この弁護士が民事訴訟で負けたとしても着手金は必ず入ります。弁護士にはお金が入るため問題がありません。しかし、顔を晒されてしまえば、一転して悪影響の嵐でしょう。誹謗中傷が事務所に届き仕事が手につかない。そして仕事が入りずらい状況に陥ると思われます。田口翔さんの弁護士としては何としても顔や名前を伏せ裁判に臨まなければなりません。

田口翔さんの弁護士にはお金が入る

4630万円誤送金問題の弁護士について何か新しい情報が入り次第追記していきます。

田口翔の職場や母親や家族「ジュンテンドーかコメリか」4630万誤送金

4630万円誤送金したのは誰か特定!「4月入職の新入社員か坂〇さんか」

田口翔の弁護士の事務所はどこ「身なりの不潔の弁護人」

山口県阿武町で463世帯分の給付金を誤って1世帯に振り込んでしまい4630万円が返還されない問題で、4630万円を受け取った男性:田口翔(たぐちしょう)さん24歳を民事訴訟した。5月16日に田口翔さんの弁護人が顔出の異例の記者会見を開き話題となっております。田口翔さんの弁護士事務所はどこなのか調査していきます。

田口翔さんは山口県出身なのでおそらく山口県内の弁護士事務所を雇っていると思います。そしてニュースを見た方は、田口翔さんの代理人弁護士が明らかにシャツのサイズが合っていないし後ろから飛び出ていてだらしがないという印象を持っていると思います。ここの点から考えると、有名な弁護士事務所ではなく個人で経営している弁護士事務所でさほど有名ではないところなのではないかと推測されます。

田口翔(たぐちしょう)の弁護士の身なりがだらしない画像

山口県阿武町に当時住んでいた田口翔さん、弁護士の友人や知人がいたのかは不明です。おそらく、自宅や実家に近い弁護士事務所に頼んだのではないかと考えました。山口県には21社の弁護士事務所が存在します。しかし、現在のところ田口翔さんの弁護士がどこの事務所なのかは特定が不可能です。山口県阿武町弁護士と検索して出てきた上位11社を記載しておきます。なお、この中に田口翔さんを弁護する弁護士が100%いるという確証はありません。あくまでも田口翔さんの自宅周辺から近い事務所をピックアップしたまでですのであらかじめご了承ください。

田口翔さんの弁護を受け持った弁護士事務所は、大きなリスクを背負っているのでそれなりに田口翔さんにお金を請求すると考えられます。弁護士は裁判で負けようがお金はもらえます。なので弁護士側は田口翔さんからもらえるだけもらろうという魂胆だと思います。

そして記者会見を見た人が思うことは、記者会見に出てきた弁護士が胡散臭いということ。ネコババした税金から報酬をもらうという事務所。かなりお金に困っている事務所だと思われます。顔や名前などを特定されるリスクを背負っていられるまた背負わなければならない状況の弁護士事務所が今回の4630万円誤送金問題に関与していると思われます。

田口翔さんを弁護している事務所について引き続き調査をしていきます。

田口翔のFacebook顔写真「大家さんが男前と絶賛」4630万円誤送金

田口翔は返すお金がない!?「弁護士費用がある時点で嘘バレバレ!民事は自費」

4630万円を受け取り行方不明となっていた田口翔さんは、4月の時点で警察の任意聴取を受けていたことが新たに分かりました。また、連絡できなかったのは、警察にスマートフォンを提出していただけで決して行方不明になっていたわけではありませんと弁解した。記者会見では田口翔さんはもうすでに4630万円を使い果たしたと弁護士が言っていました。ここでは本当に田口翔さんは返すお金がないのを調査していきます。

阿武町4630万円の誤送金問題の弁護士費用はどやって出しているのか疑問に思っている方がいらっしゃりました。国選弁護士制度を利用しているのかと考えていましたが、そうではないようです。国選弁護人は逮捕・留置中の被疑者や刑事告訴人が貧困などの理由で弁護士を選任できない場合に、被告人の請求または職権により裁判所が選任する弁護人です。ですから、今回の民事裁判での弁護士費用はすべて自費だそうです。田口翔さんは返すお金がないというのはウソになるのではないでしょうか。無いのであれば、弁護士費用はいったいどこから出てきたのか?疑問に思います。おそらく、4630万円の誤送金の中からだしているのではないかと思われます。

4630万円誤送金問題での弁護士費用はどこから出ているのか調査
4630万円誤送金問題での弁護士費用はどこから出ているのか調査

なぜこのような税金泥棒に弁護士がついているのか疑問に思いつつ4630万円もの大金をたった2週間で使うというのはどうゆうことなのか。田口翔さんの弁護士は「すでにお金は使い切ったということでしょうか?」という質問に「そう受け取っても結構です」と回答。曖昧な回答をしています。使い切ったとされていますが、その一部はおそらく弁護士費用に使われていると思います。

4630万円誤送金問題での弁護士費用はどこから出ているのか調査
4630万円誤送金問題での弁護士費用はどこから出ているのか調査

田口翔さんは弁護士を雇い4630万円を維持で守ろうとしてるようにも見える。そして弁護士を雇っているお金はおそらく4630万円のから出ている。逮捕されてでも4630万円を隠し通す狙いであれば相当悪質な行為だとネットでは言われています。

田口翔さん4630万円誤送金問題での弁護士費用はどこから出ているのか調査

この問題は大きな問題です。誤送金してしまった阿武町役場の職員も悪いですが、4630万円もの大金を自分のお金ではないと認識しながらも全額使ったとされる田口翔さんはもっと悪い人間です。この件についてコメントをお待ちしております。

マンチーズ田口翔のインスタ調査「学生のころのイケメンの面影は無い」

田口翔はネットカジノで4630万円の給付金を溶かした!「やはりクズだった!」

4630万円を町内に住む男性の個人口座に振り込んだ問題で、男性が返還を拒否して連絡が取れなくなったことから町は金の返還と、弁護士費用など5100万円あまりの支払いを求める訴えを起こしました。田口翔の弁護士は5月16日の会見で「男性はお金を使い切った」「一銭も返せない」と説明し、具体的なお金の使い道を明らかにしていませんでした。

JNNのその後の取材で、男性は関係者に「数社のネットカジノに全部使った」と説明していることが新たに分かりました。

5月17日に花田憲彦町長が田口翔さんについてコメントしました。「あれだけの大きなお金がいっぺんい消費されることはないであろう。絶対に手元にお金があるはずだ。しかし、ネットカジノということを聞いてそのような手段もあったのかなと」としたうえで「今ここでネットカジノで使いました。そうですか、と断念しますというふうなことは全く思っておりません」と話し4630万円の給付金を取り返す意思はさらに強くなった。

田口翔さんは卒業文集で「地球が明日終わるとしたら何がしたいですか?」というタイトルに対してこうコメントしていました。「持っているお金はすべて使い果たす」と書いてあったそうです。

田口翔(たぐちしょう)さんがネットカジノで溶かした。卒業文集の内容
田口翔(たぐちしょう)さんがネットカジノで溶かした。卒業文集の内容と一致

ネットカジノで4630万円を溶かした田口翔さんは卒業文集で書いた「持っているお金をすべて使い果たす」ということを有言実行しました。お金の執着心があったとされる田口翔さんは24歳して人生の大博打をしたのです。4630万円という税金を自分のお金ではないと知りながら複数のネットカジノにつぎ込みすべて使い果たしてしまった。ホームセンターコメリで働いてた田口翔さんは「店に迷惑がかかる」という理由で辞めました。収入源もないお金も残っていない人生最大ピンチとチャンスを同時に迎えたのでした。

田口翔(たぐちしょう)さんがネットカジノで溶かした。卒業文集の内容一致

これからさきは「地球が明日終わるとしたら何がしたいですか?」ではなく「仕事も出来ず収入源も無い今何がしたいですか?」と問いたい。地球が終わる前に自分の人生がほぼ終わって未来が見えなくなりました。少なからず世間はあなたを許さないでしょう。

田口翔の弁護士が怪しい共犯者か「そもそも本物かと疑われる」

4630万円を誤送金されたと知りながらオンラインカジノで使ったとして実名を公表された田口翔容疑者24歳。田口翔容疑者の弁護士が会見で顔出しNGなことや身なりがだらしないことを受けて、本当に本物の弁護士なのかと疑われて話題になっています。田口翔容疑者の弁護士が怪しいそして共犯者ではないかと疑われているポイントを調査しました。

田口翔容疑者の代理人弁護士の服装がだらしないことが本物と疑われるポイントです。この記事の冒頭でも写真がありました通り、シャツがビロビロと出ていたそして袖が以上に長い、スーツを普段から着こなしてる弁護士とは到底思えないという点です。また、弁護士ではないのではないかと疑ってしまうほど言っていることがちぐはぐしているようです。4月の時点では返還させると発言したいた。5月13日では受任しようという発言がみられ別の弁護士だと疑われる始末。

田口翔容疑者の弁護士が怪しい・共犯者だと疑われる点

また田口翔容疑者の弁護士は胸ポケットにジェットストリームを入れていたという。弁護士はカバンの中にペンなどをしまっているイメージがあるようです。また弁護士のバッジが見えない点も本物弁護士と疑われる根拠です。会見中終始弁護士の手元しか映していなかったことをうけ弁護士なのかすら判断できない状況でした。

田口翔容疑者の弁護士が怪しい・共犯者・本物なのか疑われる点

田口翔容疑者と弁護士が怪しいくて共犯者だと言われるポイントは、4月8日に誤送金が発覚後わずか6日で弁護士を雇っている点です。田口翔容疑者は4月14日に弁護士に相談しています。そして、相談している間もオンラインカジノに送金をしている点です。また、田口翔容疑者は学生時代からヤンチャで卒業に金髪にしてきたり、高校中退しマンチーズというグループに入り大麻を栽培していたという。そんなクズの田口翔容疑者がすぐに弁護士を雇うのかという疑問が生まれた。いくらなんでも早すぎる。グレーな弁護士がついてるのではないかそういった意見がネット上では見られた。

田口翔容疑者の弁護士が怪しい・共犯者・本物なのか疑われる点

また、誤送金した4630万円をすべてオンラインカジノに送金した田口翔さんはどうやって弁護士費用を払うつもりだったおかと疑問の声が上がっていました。田口翔容疑者と弁護士は阿武町から誤送金された4630万円を入手する方法を早い段階から考えていた可能性あります。田口翔容疑者と弁護士が怪しいそして共犯者だと思われるところはそういうところです。

田口翔容疑者の弁護士が怪しい・共犯者・本物なのか疑われる点

阿武町の弁護士が態度悪い「ポケット手をツッコミ話す」

4630万円の誤送金問題起き約1ヶ月半が立ち決算代行会社から4300万円を回収することができました。オンラインカジノに入れたと思われる約4300万円がほぼ返還されネット上では田口翔容疑者はかじのにプールしただけで実際使ってなかったのかと話題になりました。5月24日の会見で阿武町側の弁護士が記者会見を開き返還された4300万円について話しました。そのときの態度などが悪いとネット上では言われています。

下記画像が阿武町側の弁護士・中山修身さんです。この方は顔出し名前も公表していますが、そのたいどが悪いなどと話題になっています。下記画像をご覧いただければわかるように、ポケットに手をツッコミながら話している様子がわかります。

阿武町の弁護士が態度悪い様子

今回の4630万円誤送金事件の代理人弁護士は双方個性があります。田口翔容疑者の弁護士は身なりがだらしない。阿武町側の弁護士はポケットに手を入れながら喋るなど人に説明する態度ではないです。どちらも弁護士の印象を悪くするようなふるいまいに呆れてしまいます。

つづく・・・

田口翔は今どうなると良い!?どうなる人生を歩むのか!4630誤送金問題

3500万円返還!決算代行業者はどこ「ガサ入れを避けるために返金か」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる