田口翔は今どうなると良い!?どうなる人生を歩むのか!4630誤送金問題

田口翔さんが今後どうなるのか
  • URLをコピーしました!

山口県阿武町で4630万円が誤送金された問題で町が田口翔(たぐちしょう)さん24歳を提訴する事態になりました。田口しょうさんが今後どうなっていくのかまた、どうなると良いのかを調査していきます。

目次

田口翔が今どうなると良い「YouTuberになれば登録者100万人でお金持ち!」

山口県阿武町で、国の給付金4630万円を誤って1人の町民に号送金してしまうミスが発生した。町民の男性は463世帯分の給付金が振り込まれ、その額は4630万円に上った。男性は役場から返還請求をされたが要求を応じないといい、阿武町役場は、実名と住所を公表する異例の事態に発展した。実名が公表され事実上の全国指名手配となった田口翔さんが今どうなると良いのかを考えてみました。

田口翔さんは当初は4630万円を返す意向を持っていたのにも関わらず、後日には「お金は動かしていてもとに戻せない。罪は償う」と発言していた。そして働いてホームセンターを退職し連絡が取れなくなってしまった。現在はも田口翔さんの足取りはわかっていません。

田口翔さんは氏名をホームページ上に公開され、維持アクセスが集中し繋がりにくい状況が続いた。今後の展開に注目が集まっている。阿武町は「SNSを含むさまざまなメディアにおいて、不正確・切り取り・推測・粉飾された情報が流れ、無関係な町民・第三者への名誉毀損・プライバシー侵害などにつながりかねない状況が起こっていた」として、事前に顧問弁護士と相談した上で、氏名を公表したという。

ニュース番組「ABEMA prime」に出演した、ネット掲示板「2チャンネル」創設者のひろゆき氏は「田口翔さんは逃げる気で頑張っていると思う。今、田口翔さんがYouTubeチャンネルを開設したら登録者は100万人ぐらいになり、それで4630万円分くらい容易く稼げるのではないか」と発言していた。

田口翔さんの今・今後どうなると良いかを言う2チャンネル創設者のひろゆき氏

本当に田口翔さんがYouTubeチャンネルを開設し登録者100万人越えのYouTuberとなった場合どうなるのか調査してみました。過去にヤフー知恵袋に「YouTubeでチャンネル登録者数100万人って収入どのくらいですか?」という質問がありました。その回答に「ある大物YouTuberが言っていたが、ざっくり登録者の3倍が月収です」との回答です。この情報をもとに計算すると登録者が100万人の×3で月収が約300万円に到達するという計算になります。もちろん、動画を投稿する本数にもより人によってまちまちですが、最低でも300万円は行くのではないかと推測する。

また別のサイトでは、2022年度でチャンネル登録者数が100万人超えると、年収1億円も夢ではないと言い、ひろゆきさんが述べていた4630万円を軽く稼いでしまうことがわかりました。田口翔さんが今YouTubeを開設して「田口翔(俺)は無事逃げきれるのか」などYouTubeで投稿するれば炎上してかなり再生回数が行くのではないかと思われます。4630円をネコババした一部でパソコンや動画編集に必要な機材を集めてYouTuberになれば一躍時の人となりお金に困らないでしょう。

田口翔さんがこれだけ稼げるという予想がされているのであれば、阿武町役場も同じように「4630万円を返金しない男から無事にお金を取り返すことはできるのか!?」などとYouTubeにあげれば、それだけで再生回数が稼げ4630万円分くらいは稼げるのではないかという声もあった。いろいろな人たちが集まって『こういう方法はどうか』『そもそも税金とは何か』『町の入金のあり方はどういう仕組みだったのか』など、逆に町をアピールするチャンスだ。とジャーナリストの堀潤氏は言った。阿武町PRにもなり4630万円以上の額が手に入り元が取れてしまうのではないかそう思う。阿武町役場と田口翔さんが今からYouTubeを開設して今後どうなるのかというとwinwinになって互いに利益が生まれるのではないでしょうか。

4630万円誤送金事件今後も注目が集まること間違いなし!

田口翔のFacebook顔写真「大家さんが男前と絶賛」4630万円誤送金

マンチーズ田口翔のインスタ調査「学生のころのイケメンの面影は無い」

3500万円返還!決算代行業者はどこ「ガサ入れを避けるために返金か」

田口しょうは今後どうなる人生を歩むの「一生隠れて生活し行政支援を受けれない」

阿武町で4630万円を誤って誤送金されたことを理解しているのにも関わらず、返還請求に応じない田口翔さんを阿武町役場は民事訴訟を起こしました。田口翔さんが行方不明になっている今、今後どうなる人生を歩んでいくのかを調査していたいと思います。

阿武町は4630万円を返金しない田口しょうさん24歳を提訴しました。裁判をして田口翔さんから誤送金した4630万円を取り返そうとしているようです。弁護士によると「町が勝訴する可能性が高い」といい取り返しに期待があります。阿武町が裁判で勝訴した場合は、どうやってお金を回収するのかがポイントです。

田口しょうさんが、お金を持っていたあるいは、4630万円で車や不動産などのを買った場合は、その資産を差し押さえて回収することができるという。しかし、回収できないパターンも存在する。それは、すでに資産がないまたは使い切ってしまったという場合です。そしてお金がある銀行口座がわからない場合は、回収不可能。町がお金を回収するには、田口翔さんが資産に投資あるいは、持ち金を差し押さえることがベターです。

そもそも田口翔さんは自分のお金ではない「罪は償う」などと発言していることから4630万円は自分のものではないと主張している。それにも関わらず、その後金を別の講座に移し「自分は悪くない」などと開き直りを見せている。田口翔さんは罪とえないのかと疑問に思っている方がいると思います。罪に問えるのか見ていきましょう。田口しょうさんを罪に問うとしたらまずは、「詐欺罪」です。まず銀行窓口で誤入金があるお金を引き出した場合、「自分のお金ではない」と銀行に告げる義務があるという・これをしなかった場合は詐欺と認められる可能性があるという。

また、「窃盗罪」にも問える可能性がある。誤入金のお金をATMで引き出すときに、自分のお金ではないとわかっていて引き出すと窃盗罪にあたる可能性があるという。現に、田口翔さんは誤入金が発覚して阿武町役場の職員が自宅に行きそして銀行に向かい説得したあとに、別の銀行に送金していることがわかりました。これは自分のものとわかっているのにも関わらず、引き出してるに該当する。

さらに、「電子計算機使用詐欺」。誤入金のお金をネットバンクで送金した場合、こういったことも罪になる可能性があります。さらには、「単純横領罪」。誤入金があった口座から別の口座に移動させること。この4つの可能性があるということで、若狭勝弁護士の見解としては、警察も逮捕を考えているのではないかということです。

5月16日現在、田口翔さんは警察に任意の事情聴取を受けているということなので警察は逮捕を視野に事情を聴いているのかもしれない。

田口翔さんが警察に任意で事情聴取を受けているという証拠

引き続き4630万円の誤送金問題について追っていきます。

田口翔の職場や母親や家族「ジュンテンドーかコメリか」4630万誤送金

田口翔の弁護士の名前は誰だ!?「サイズ不一致シャツが出てだらしない」

4630万円誤送金したのは誰か特定!「4月入職の新入社員か坂〇さんか」

つづく・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる