仙台市立小学校いじめはどこか特定「仙台はいじめが多くポピュラー」

仙台市立小学校小1いじめポピュラー問題
  • URLをコピーしました!

宮城県仙台市立小学校でいじめ問題が発生。小1の男子児童は昼休みにトイレで同級生児童8人から集団暴行を受け全治4週間の怪我を負った。学校側は「ポピュラーな遊び」と男児の保護者に説明した。いじめがあった仙台市立小学校どこや先生・加害者児童は誰など特定をしていきます。

目次

仙台市立小学校どこか特定「仙台は特にいじめが多い地域」

宮城県仙台市立小学校でいじめ問題が発生。小1の男子児童は昼休みにトイレで同級生児童8人から集団暴行を受け全治4週間の怪我を負った。学校側は「ポピュラーな遊び」と男児の保護者に説明した。いじめがあった仙台市立小学校どこや先生・加害者児童は誰など特定をしていきます。

仙台市立小学校のトイレで児童8人から集団暴行を受け全治4週間の集団暴行を受けた。学校側は「ポピュラーな遊びだった」といじめを否定してネット上で炎上している。悪質ないじめがあった仙台市立小学校はどこなのか調査していきます。

仙台市には小学校が126校もあります。小学校の児童数は53909人で一クラス辺り26.1人です。100校もあると特定は難しい状態です。ネットでもいじめがあった小学校の特定が急がれています。

宮城県仙台市立小学校の数や児童の数
仙台市立小学校いじめ特定

仙台市立小学校のいじめがあった学校を調査していると「仙台いじめ多い理由」というのが多く検索されていることがわかりました。仙台市ではいじめが多いということは事実そして体感的に感じている方もいらっしゃります。また全国ワーストにも入っているほど仙台ではいじめが多いことがわかりました。

仙台市はいじめが多い理由

宮城県や仙台市はいじめが多くいじめに関数検索がかなりされていることがわかります。これほどまでにいじめに関する検索がされているとなると仙台市や宮城県ではいじめがかなり多いということで間違いなさそうです。

仙台市や宮城県がいじめが多いという証拠

過去の仙台市泉区寺岡小学校で起きたいじめ問題を紹介します。このいじめ問題は母親がいじめを受けた女子児童と無理心中をしてしまった事件まで発展し大きく注目されていました。いじめは時には人の命までも奪ってしまう重大問題です。2018年に起きたこのいじめ問題は、学校側はいじめの事実を認めたようです。そのご、担任担任は仲直りの会を設けるもあえなく失敗に終わりました。いじめを受けた被害者と加害者が和解することは相当難しいことだと考えられます。いじめを受けていた女子児童は紙に「しにたいよしにたいよ・・・なにもいいことない・・・寝る事しかない。いじめられてもなにもいいことないしにたいよ・・・」と心の声を文章にしていました。彼女はまだ小学2年生でした。ピカピカの1年生として入学した小学校もわずか1年ちょいでいじめを受け何も楽しいことがなくなった。いじめが人生を台無しにするほどの破壊力があります。

みやぎ
仙台市立小学校いじめによる口コミ

今もどこのかの学校でいじめは行われているでしょう。生徒一人一人にヒヤリングを行いいじめの実態やいじめに発展するおそれのある言動などを注意してみていかなければいけません。大人1人に数十人の生徒(こども達)という環境でそういった問題を早急に発見することは難しいことかもしれません。これは先生や学校だけの問題ではなく保護者にも問題があります。普段からこどもと話し合い何かいつもとおかしいことが無いか見守っていかなければなりません。多くの保護者が「私のこどもがいじめをするはずはない」と思っていることでしょう。その考えを変え「もしかしたらいじめをしているかもしれない」と~かもしれないという考え方をするといい。「絶対はない」とだけ心にいれておければいじめ以外でも身の回りで起きてることに様々な事象に柔軟に対応できます。少し話はそれましたが学校・先生・保護者、こどもに関わる大人たちの目が今後のいじめ問題の減少につながることとなるでしょう。

引き続き仙台市立小学校でおきたいじめ問題について調査していきます。またわかり次第追記していきます。よろしくお願いします。

追記:特定はまだできていませんが、以下の評価がある小学校がありましたのでお伝えします。えこひいきする小学校やいじめを揉み消そうとする小学校があるようです。小学校名は控えさせていただきます。

兵庫県尼崎双星高校いじめ加害者は誰!?「いじめはとあくんだけではなかった!」

仙台市立小学校小1いじめ「集団暴行はポピュラーな遊び」ポピュラーとは!?

仙台市立小学校で起きたいじめ問題で学校側がいじめを否定し保護者に言った「ポピュラー」とは一体どういった意味なのでしょうか。一般的に「ポピュラー」とは人気があるという意味で使用されることが多いです。みなさんもこども頃に英語の授業で習ったことかと思います。最初に仙台のいじめ問題のニュースを見て「ポピュラーな遊びだった」イコール「いじめは人気ある遊びです」という解釈になると思われます。

仙台市立小学校小1いじめに関するコメント

しかし、今回の「ポピュラー」の意味は、「人気のある」という意味ですが「ありふれた・よくある」という意味で使われることもあります。よって今回のいじめは「よくあるこどもの遊びである」ということです。

仙台市立小学校小1いじめに関するコメント

全治4週間という大けがを負ったにもかかわらず学校側は「ポピュラーな遊び」と主張しているのです。よくある遊びで全治4週間の怪我をする遊びっていったいなんなのでしょうか。小学校1年生でかつトイレでできる遊びみなさんは思いつきますか。そんなよくある遊びなんてありません。トイレに集団で入り遊ぶなど言語道断。言い訳にもむりがある。

仙台市立小学校小1いじめに関するコメント

全治4週間の大けがを負った男子児童の問題は、「いじめ」と認知されませんでした。その理由は「加害者側も男子児童に叩かれたから」という学校側主張。これは正当防衛なのではないでしょうか。単純に8対1のです。殴る蹴るの暴行を防御しようとして腕を振ったりもがいたりしたらそれは当然誰かには当たります。だったトイレという閉鎖的な空間なんですもの。痛みから逃れられようとするのは当然です。それは反射反応です。熱いものに当たって瞬時に回避しようとするのと同じことだと思います。加害者側も叩かれたからこれはいじめではないなどと否定するのも無理があるように思います。

仙台市立小学校小1いじめに関するコメント

そもそも1年生にというまだ小さい体で全治4週間も負わせるような力はあるのかと疑問に思う方もいらっしゃると思います。匿名掲示板で他の事例をご紹介します。「知り合いの子が、帰宅中にキレられて服をビリビリに破られて殴られて家に帰って来た」というのです。これはいじめではなく喧嘩か何かだと思いますが、度が過ぎます。何か口論になったのかそれとも物理的に何かされて怒ったのか具体的な理由はわかりませんが、小学校1年生でも服をビリビリ破いてしまう子もいるようです。こういった事実があると8人もこどもがいれば1人の子をボコボコするのは容易だと考えられます。

学校側から「ポピュラーな遊びだった。加害者側も叩かれた」などと回答し、いじめを否定した行為はハラスメントと同じではないかと考える方もいました。いじめははっきりとした定義がないので都合の良いように解釈して悪用できてしまうという問題があるようです。いじめやハラスメントは境界線を決めずそういったことはしてはいけない(疑わしい行為をさせない認めない)社会になることを願っている。

仙台市立小学校小1いじめに関するコメント

宮城県いじめ件数3年連続で減少「感染症・少子化が原因?それともいじめ隠蔽か」

昨今いじめ問題について報道されていますが、いじめは年々減少していっているというデータがあるようです。小学校から高校までのいじめ認知件数は1万2902件です。前年度を23.4%下回り、3年連続で減少傾向にあるというのです。これは新型感染症のせいなのかそれとも少子化が原因なのか疑問に思います。ここで注目してほしいのが認知件数というワードです。「認知」つまりいじめの事実が確認できたものということ。それは今回のような8人で1人の生徒に全身打撲を負わせてもいじめの認知とはならない。認知できているいじめは氷山の一角ということ。認知していないいじめは数多くある可能性があります。いじめの全国平均は39.7件で宮城県は54.2件とかなり多い。これが氷山の一角となると宮城県のいじめはかなり多いことが分かると思います。不登校の生徒はワースト8位となっており少なからずいじめによる不登校もあるでしょう。

仙台市の過去のいじめ件数

暴力事件は仙台市はワースト2位となっており宮城県の中でかなり多く暴力行為が行われていることがわかりました。暴力的な生徒が多いつまり親の目が行き届いていないことを意味する。親は学校側のせいにしたがる傾向にあり自分には非がないように思っている。学校側の教育も少しは関係してくるが一番はやはり親(家族)が大いに関係してくるでしょう。

仙台市の過去のいじめ件数
https://kahoku.news/articles/20211014khn000001.html

いじめなどの暴力行為が全国平均をすべて上回っている宮城県は仙台市、今後の方針に注目が集まる。

仙台市小学校のいじめ問題概要

宮城県仙台市立小学校で起きたいじめ問題について概要をまとめました。

  • 宮城県仙台市立小学校の男子児童がいじめを受けて不登校になったとして、仙台市教育委員会はいじめ防止対策推進法で定める「重大事態」と認定する方針を固めた。
  • 男子児童の欠席日数は認定の目安となる30日を超え、15日で連続50日に上る。
  • 仙台市教育委員会は「事実確認で時間がかかっている」として対応の遅れを認めている。
  • いじめを受けた男子児童の保護者によると、小学1年生の男子児童は2021年12月15日に、時間内に食べきれなかった給食を昼休みに食べていた時、同級生にトイレへ連れていかれ、児童8人から胸や背中などを殴る蹴るの暴行をされたという。
  • 男子児童は、受診した小児科で「全身打撲・急性ストレス反応疑い」で全治4週間と診断された。
  • いじめを受けた男子児童の保護者が学校側に対して調査を求めたが、学校側は「ポピュラーな遊びだった。加害者も叩かれた」などと回答しいじめは否定したという。男子児童は12月16日から不登校が続いている。
  • 保護者は学校側の主張に疑問を抱き、仙台市教育委員会と話し合いを進めた。
  • 2022年3月4日に状況を説明した。これを受けて仙台市教育委員会は「いじめがあったという前提で、学校内で詳しい状況を確認している」として、重大事態として第三者を含むいじめ調査委員会を学校に設けた。

つづく・・・

川崎市中学校性行為どこか名前特定「巨乳ショートカット女教師」教員不祥事

山田悠太郎の高校を調査「浜松工業高校か」浜松殺人事件

持田多嶺インスタか画像「出雲出身のラッパー」寝屋川殺人事件

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次