佐藤博和医師の病院や出身大学「レア盗撮動画を収集したかった」

佐藤博和(さとうひろかず)医師の病院や出身大学
  • URLをコピーしました!

健康診断中に服の一部を脱いだ女子中高生を盗撮したとして、医師で兵庫県西宮市上鳴尾町在住:佐藤博和(さとうひろかず)容疑者34歳が逮捕されました。

佐藤ひろかず容疑者の病院や出身大学・SNSについて調査していきます。

目次

佐藤博和医師の病院「社会福祉天心会の小阪病院」

佐藤博和容疑者が勤めていた病院について調査していきます。

佐藤博和医師について調査すると、該当する人が1名いました。社会福祉法人天心会小阪病院の佐藤博和と名前の記載がありました。

小阪病院は、大阪府東大阪市にある精神科・神経科・内科の病院です。おもに精神科がを主力としているようです。

佐藤博和容疑者の医師プロフィールのようなものは公式ホームページを確認しても記載されていませんでした。

外来診察・担当医について調査したところ佐藤という医師の名前はありませんでした。佐藤博和容疑者は、大阪府の認知症サポート医師となっているので出張医師の方がメインなのかもしれませんね。

もう少し深く調査すると、約3年前には「佐藤」という医師が外来を担当していたようです。しかし、全国に佐藤さんはかなりいらっしゃることから佐藤博和容疑者ではない可能性はあります。

2022年度
2019年度

佐藤博和容疑者医師の経歴の詳細は明らかになっていません。

今回のような医師による盗撮事件はちょこちょこと発生しています。

岡山県岡山市で小学校の健康診断中に女児の上半身裸をを盗撮したとして藤原大輔(ふじわらだいすけ)容疑者47歳が逮捕されています。

藤原大輔容疑者は「健康診断という、自分しか撮影できないレアな盗撮動画を収集したかった。性欲を満たすためではない」と話している。

藤原大輔容疑者は、ペン型のカメラで盗撮をしていました。胸ポケットにカメラを入れて盗撮したと見られています。

いいかにもいやらしそうに見える笑みです。佐藤博和容疑者もこのような見た目の人なのかもしれません。

このような先生がいたら女子生徒達は、安心して健康診断に望めません。医師を女性に変えるか女性の先生を監視役として立たせるかの2択になると思います。

盗撮医師

追記:佐藤博和容疑者は8年前に医師免許を取得したようです。また、自宅からは、小型のカメラも発見されスマートフォンだけではなく、他の機材も使用して盗撮したていた。下記画像は佐藤博和容疑者の顔画像です。

佐藤博和(さとうひろかず)容疑者が34歳の顔画像

佐藤博和の出身大学

佐藤博和容疑者の大学について調査していきます。

佐藤博和容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウントなどのSNSから情報を探ろうと思っておりましたが佐藤博和容疑者らしSNSアカウントは特定できていません。

ほかのまとめサイトでも同様に特定できていなようです。

また、佐藤博和という名前の人が全国各地にいて特定することは困難だと考えられます。

出身地や職業などの情報を丁寧に記載していれば、佐藤博和容疑者のSNSや大学といった出身校を特定することは容易です。

今回の調査では佐藤博和容疑者の出身大学は特定できませんでした。

引き続き佐藤博和容疑者について調査していきます。

盗撮事件概要

兵庫県西宮市に住む医師による盗撮事件について概要をまとめました。

  • 健康診断中に服の一部を脱いだ女子中高生を盗撮したとして、男性医師のが逮捕された。
  • 逮捕されたのは、兵庫県西宮市上鳴尾町の佐藤博和(さとうひろかず)容疑者34歳
  • 佐藤博和容疑者は、2022年3月から4月にかけて大阪府と兵庫県の中学校や高校計2校を健康診断で、上半身が裸の女子生徒ら14人を携帯電話などで盗撮した疑いが持たれている。
  • 佐藤博和容疑者は、警察の取り調べに対して「医師という立場を利用して盗撮していた」と容疑を認めている。
  • 2022年6月、佐藤博和容疑者が大阪市中央区にある地下街で、スマートフォンを片手に不審な動きをしていたので、警察官が職務質問した。すると、盗撮画像などが複数見つかり、その中に女子生徒たちの裸の動画もあったという。
  • 佐藤博和容疑者の自宅から複数の携帯電話(スマートフォン)やSDカードを押収している。
  • 他にも学校や会社の健康診断で同様の犯行を繰り返していないか調査している。

つづく・・・

田中信人容疑者の高校「滋賀県立守山高等学校」

東北新幹線作業員はどこへ!?「B級バックラーの可能性」行方不明事件

沖縄ステーキ火傷Twitter「子供の顔面がグロい」フランベ事故

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次