佐藤正人選手のwiki・家族や経歴・落車事故について調査!「川口オートレース落車死亡事故」

佐藤正人選手wikiや経歴・落車事故画像
  • URLをコピーしました!

2021年度川口市営第8回第1節初日の第9レースにて佐藤正人(さとうまさと)選手がバランスを崩し落車して死亡してしまいました。佐藤正人さんのwiki風プロフィールや経歴・家族・結婚などについてまとめました。また、オートレース川口の実際の落車事故動画や画像をまとめました。

目次

佐藤正人(さとうまさと)選手のWiki風プロフィール・経歴「レーサー歴20年のベテラン」

2021年度川口市営第8回第1節初日の第9レースにて佐藤正人(さとうまさと)選手がバランスを崩し落車して死亡してしまいました。佐藤正人さんのwiki風プロフィールや経歴・家族・結婚などについてまとめました。また、オートレース川口の実際の落車事故動画や画像をまとめました。

2021年度川口市営第8回第1節 初日の第9レースにて落車し右側胸部外傷のため搬送先の川口市内の病院で午後6時32分に死去しました。

佐藤正人選手のWiki風プロフィールと経歴についてまとめました。

川口オートレース佐藤正人選手の顔画像
  • 名前:佐藤正人(さとうまさと)
  • 年齢:51歳
  • 生年月日:1970年10月26日
  • 出身地:千葉県
  • 星座:蠍座
  • 血液型:A型
  • 身長:175.4cm
  • 体重:56.8㎏
  • 選手登録:1991年6月28日
  • 登録番号:5705
  • 期別:22期
  • LG:川口
  • 所有車:アリウープ、ガスト1、リラード
  • 趣味:旅行・ドライブ

佐藤正人選手は1991年に22期生としてデビュー。

通算成績は以下になります。

  • 優勝:2回
  • 1着:387回
  • 2着:443回
  • 3着:462回

こちらは公式サイトに掲載されていた佐藤正人選手のプロフィールと経歴です。獲得タイトルは特になく有名な選手ではありません。オートレース歴はは約20年とベテランでした。

川口オートレース佐藤正人選手の経歴
川口オートレース佐藤正人選手の経歴
川口オートレース佐藤正人選手の経歴

佐藤正人選手は11月・12月にレースを控えておりました。しかし12月15日開催のレースは球場していることがわかります。引退は近かったのでしょうか?そこまでは詳しくわかっていません。

川口オートレース佐藤正人選手の出場予定レース

同期の選手は、高橋貢(伊勢崎)選手いますが、同年代の川口オートレーサーは28人もいます。

川口オート51歳の現役レーサー一覧

こちらは13年前の佐藤正人選手のプロフィールです。2021年と違う点は、所有車と身長と体重です。身長が約1cmほど高く体重が7キロ重いことがわかります。歳を重ねて食べる量が減ったのでしょうか?

佐藤正人選手は結婚していて家族は5人「子どもが3人の賑やかな家庭」

川口オートレースで亡くなられた、佐藤正人選手の家族について調査しました。

2008年9月15日にインタビューされている時の佐藤正人選手はこういったことを語っています。2021年現在のお子さんは、25歳23歳19歳くらいになった子どもがいると思われます。

佐藤正人選手の川口オートレースの事故動画・画像「選手4人が絡む大事故!現場騒然!」

川口正人選手が事故死した川口オートレースの実際の動画や画像をまとめました。

佐藤正人選手は車番5番の黄色のユニフォームを着た選手です。スタートは、4番と6番の間からスタートしています。このレースは9R(ラウンド)の川口VS伊勢崎バトルのレースとなっています。

勢いよくスタートした佐藤正人選手はコースの真ん中付近からスタートしました。3コーナーまで中間層を走行していてまずまずでしたが、4コーナーに差し掛かった時にあの死亡事故が起きました。4コーナーを曲がった直後、青の4番選手の後ろで5番の佐藤正人選手が倒れていくのがわかります。そして、佐藤正人選手が転倒した直後、その後続を走っていた7番の牧野貴博選手・8番の伊藤正真選手が佐藤正人選手と接触してしまいまいした。映像からはわかりませんでしたが、3番の栗原勝測選手に5番の佐藤正人選手が接触していたようです。この第9Rのレースは不成立となりました。

川口オートレース落車死亡事故
川口オートレース落車死亡事故

事故直後、伊藤正真選手・牧野貴博選手が動かず担架で運ばれていきました。そのあとに、佐藤正人選手も担架で運ばれていきまいした。3番の栗原勝測選手はご無事で立ち上がったことが映像でわかります。しかし、栗原選手が出てきたのはフェンスの向こう側です。栗原選手は事故の衝撃でフェンスを突き破り観客席の方に投げ飛ばされました。

川口オートレース落車事故
川口オートレース落車事故

事故に遭い無事だった栗原選手のユニフォームは、酷く破れているのがわかります。特に転がることも無く綺麗に横滑りしていったのが不幸中の幸いだったと思います。転がっていたらいろんなところを打撲し立ち上がれなくなっていた可能性もあります。4人が絡んだ事故で立ち上がったのは栗原選手ただ1人だけです。

川口オートレース落車事故
川口オートレース落車事故

こちらの画像からフェンスが破れていることがわかると思います。事故の大きさを物語っています。

川口オートレース落車事故破れたフェンス

Yahoo!ニュースによると、オートレース開催中の死亡事故は病気や試走、練習中の事故を含めると95人目。レース中の事故死は2009年9月27日、飯塚7Rの永井秀樹さん以来。12年1月15日には女子レーサーの坂井宏朱さんが船橋での練習中に落車して死亡した。

下記画像は、オートレーサーが身に着けいている実際の防具です。上半身にはプロテクターが装備されています。このような装備を付けても、あのような事故が起きてしまったら人が亡くなってしまいます。プロテクターの他にクッションを身にまとうなどの対策が必要になってくると思います。もう二度とこのような事故を起こさないでいただきたい。

2021年現在までで、死亡している人が95名もいらっしゃります。この事実があるのに、安全対策が取られていないのはなぜなのでしょう?そして、スタッフの対応が遅く雑な印象がありました。教育はしっかりされていたのか?という疑問があります。

川口オートレース落車死亡事故を受けてネットの反応「安全対策が無い・対応が遅い・・・」

2021年10月30日に14時46分に起きたオートレース川口でおきた落車死亡事故で大きな反響がありました。

川口オートレース落車死亡事故を受けてインターネット上では、安全対策や職員の対応などに不備があるとの指摘がたくさんありました。また、フェンスは破れたままでこの後すぐにレースが再開されたようで大きな反響を生んでいました。

人口呼吸や心臓マッサージそしてAEDの準備などがまったくされていないことに衝撃を覚えているひとがいました。この事故の詳細はまだ報道されていません。現在、わかっているのは、この事故で4人の選手が絡んでいる。佐藤正人選手が死亡。栗原選手は無事。牧野選手と伊藤選手が担架で運ばれたことまではわかっています。

緩衝材などの衝撃を吸収する安全対策がなぜされていないのか?という疑問を多くの方が持っている印象でした。Yahoo!ニュースやYouTubeのコメント欄でも同じような安全対策面のことについて多く意見がありました。現在までで、95名の方が、オートレースで亡くなられています。この事実があるのになぜ安全対策が行われていないのか不思議でありません。

オートレース川口のスタッフ関係者の救急対応や手際の悪さにしっかりと訓練はしていたのか?と疑問に思っている人もいました。こういった事故が起きた時は、早急な対応が必要になってきます。1分1秒でも早く対応しなければ選手生命はおろか佐藤正人選手のように死亡してしまう重大な事故になりかねません。今一度、スタッフの教育・安全対策の協議して再発防止に努めてほしいと思います。

事故が起きたレースは中断されましたが、その後の10Rからレースは再開されたようです。しかいs、フェンスは修理されずにレースが行われていたそうです。運営側は何を考えているのでしょうか?10R目で同じような事故が起きてなおかつ破れたフェンスの所に選手が行ってしまったらどうするつもりだったのか?選手のことを何も考えていませんね。

目先の収益だけにとらわれず選手の安全対策にもしっかりと力を入れるべきだと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる