六本木ジャングルで通り魔事件「ホストを巡る先輩キャバ嬢の嫉妬」

六本木ジャングル通り魔事件
  • URLをコピーしました!

東京都六本木のキャバクラ「ジャングル」付近で通り魔事件が発生しキャバ嬢の女性が刺されました。この事件・犯人について調査していきます。

目次

六本木ジャングルで通り魔事件「ホストを巡る先輩キャバ嬢の嫉妬」

六本木で通り魔事件が発生したそうです。しかし、この通り魔事件はニュース記事や報道もされていません。割と人がいる時間帯、深夜1時すぎの六本木ファミリーマート付近で起きました。この事件は、女の子が女の子を刺したという情報があります。犯人の女性は、現在も逃走中だそうです。通り魔事件が起きたのにも関わらず、港区の防犯速報LINEにはなんの通知もなかったそうです。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件についてのコメント

六本木のドンキホーテ近くのファミリーマート周辺で女の子が突然後ろから刺されたそうです。犯人は捕まっておらず逃走中。何やら恨み・妬みが原因で起きた事件のにおいがします。今回の通り魔事件は、六本木にあるラウンジ「ジャングル」で体験入店していた女性だそうです。刺された女性は血だらけになっていたようです。刺した犯人の女性の特徴は、背が低いということです。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件についての情報

Twitter(ツイッター)では、六本木ジャングル付近で起きた通り魔事件の当時の画像がツイートされていました。この画像を見ると、複数人の警察官がいるのがわかります。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件の現場

滝沢ガレソさんによると、ホストを彼氏に持つ、港区の女性が六本木のキャバクラ「ジャングル」に体験入店したところ、店にいた先輩のキャバ嬢が同じホストにガチ恋をしているホスト狂(ホスト大好き人間)だったという。体験入店した女性がまさか本命ホストの彼女であることがバレ、そのことに腹を立て先輩キャバ嬢にホストの彼女が刺されたそうです。

この事件については、ひと段落したらまとめるそうなのでしばらくこの事件について追っていきます。滝沢ガレソさんがまとめ終わるころには、ニュースになっているかもしれませんね。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件についてのツイート

六本木ジャングルで刺された女性の名前はmiwa!?「命に別状は無し」

六本木キャバクラ「ジャングル」付近で起きた通り魔事件で、事件に巻き込まれた女性とLINEしている男性を発見しました。この男性のツイートについて調査していきます。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件の被害者女性の彼氏

Twitterでツイートされた内容をスクショして男性にLINEをしている様子が履歴に残っています。昨日、六本木で通り魔事件が起こったらしいと。女の子が刺されたという情報があり、「恨みを買ったのかな?」と推測していました。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件の被害者女性の彼氏のLINE

その後、「Miwa」という人物から着信があったようです。この女性からLINEが来るイコール何か緊急ということでしょうか。着信があってから8分後に「大丈夫か」とLINEを返信しています。「事件が起きたの」「昨日六本木で刺された」とmiwaという女性から連絡がありました。六本木で通り魔があった被害者の女性がまさかの知り合いだったというオチです。男性は「ウソやろ。お前かい!」とツッコミを入れていました。Miwaさんによると刺されたが命に別状はないそうです。「私初めて刺されてビックリした!」とLINEしていましたが、刺された人の方が珍しいです。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件の被害者女性と彼氏のLINE

男性は、六本木のジャングルのキャバ嬢が刺された事件で、刺された女性は命に別状はなく元気であることをツイートしていました。また、見知らぬホストの彼女ではなく、自分の彼女が刺されたという事実をツイートしていました。

六本木キャバクラジャングル通り魔事件の被害者女性の彼氏ツイート

新宿歌舞伎町では過去にホストが刺される事件が発生「不死鳥るな」

六本木の通り魔事件が話題になっていますが、過去に新宿歌舞伎町でホストが刺されるという事件が発生し、女性が逮捕されています。下記画像の女性がホストを刺した人物です。不敵な笑みを浮かべています。この女性:高岡さんとホストの男性は、交際関係は無く、肉体関係だけの関係でした。高岡さんは、ホストるなさんに月数百万円ものお金を使っていたという。月数百万入れても交際関係にではなく肉体関係のみ。

この事件は、Twitter(ツイッター)でもかなり拡散された少しグロテスクな画像がありました。ネット上ではかなり有名な事件です。刺されたホストの男性は、真っ裸で血だらけになっている様子がわかると思います。地面も赤く染まり悲惨な状況だということが目に見えてわかります。血だらけになりながらスマホで電話しタバコを吸う女性。この女性が犯人です。

幸いにも刺されたホストの男性は、生きているそうです。無事にホストとしてまた復帰して「不死鳥るな」とホスト名を改名していたそうです。

また、別の時期には「痛みに負け琉月」という名前でもホストをやっていたようです。自分をネタにして現在もホストとして活動しているようです。

意識を取り戻すのに5日間もかかったそうです。しかし、るなさんは自分にも非があるとして、最後に高岡さんの減刑を求める嘆願書を提出した。500万円の示談金及び被害者との接見禁止、歌舞伎町に近寄らないことを約束し示談が成立したことを明かした。証人尋問を終えると、るなさんは法廷を出たようです。

岩倉拓弥の目「ガンギマリ過ぎて怖い」アート引越センターいじめ

たいじゅTwitter本アカ特定!?「太郎山田が火消し作業」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次