大久保れもん容疑者のFacebookを調査「ママレモンが話題に!」伊豆交通事故

大久保れもん容疑者
  • URLをコピーしました!

10月24日静岡県伊豆市で乗用車がオートバイ2台と衝突し、東京都練馬区の会社員・山口晴久さん44歳と40代男性の2人が死傷しました。乗用車を運転していた女性:名古屋市名東区の大学生・大久保れもん容疑者20歳を加湿運転致死の疑いで逮捕しました。大久保レモン容疑者のFacebook(フェイスブック)や顔画像を調査しました。

目次

大久保れもん容疑者のFacebookを調査

10月24日静岡県伊豆市で乗用車がオートバイ2台と衝突し、東京都練馬区の会社員・山口晴久さん44歳と40代男性の2人が死傷しました。乗用車を運転していた女性:名古屋市名東区の大学生・大久保れもん容疑者20歳を加湿運転致死の疑いで逮捕しました。大久保レモン容疑者のFacebook(フェイスブック)や顔画像を調査しました。

かなり特徴的な名前なのでSNSアカウントはすぐに見つかると思います。Facebook(フェイスブック)で「大久保れもん」と検索しました。すると2件のアカウントがヒットしました。大久保れもん容疑者のFacebook(フェイスブック)の可能性が高いので詳細をみてみました。

しかし、特に顔画像や住所を特定できるものがありませんでした。ですがこのような特徴ある名前が被ることはめったにないのでこれらのFacebook(フェイスブック)が大久保れもん容疑者のフェイスブックアカウントの可能性がかなり高いと思います。

他のSNSも調査していきます。何かわかり次第追記していきますのでよろしくお願いいたします。

大久保れもんの顔画像発見!「やはりあの方の顔しか出てこない」

伊豆市で交通事故を起こした大久保れもん容疑者の顔画像が公開されました。Twitterで大久保れもんと検索したらアカウントがヒットしました。そちらのアカウントについて調査していきます。

この大久保れもんさんのTwitterアカウントは2014年に開設されたものです。当時中1というふうにプロフィールに書いてあります。逮捕された大久保れもん容疑者は20歳です。7年前は当時中1くらいの年なので一致しています。

おそらくこのTwitter(ツイッター)アカウントが伊豆市で交通事故を起こした大久保れもん容疑者で間違いないでしょう。

大久保レモンが交通事故を起こした伊豆市上船原の国道136号の場所

大久保れもん容疑者が事故を起こした現場は付近は、片側一車線の国道でゆるやかなカーブがある道路です。大久保れもん容疑者が運転する乗用車がセンターラインをオーバーして走行していたところ対向車線を走ってきたオートバイ2台と接触しました。この事故で国道136号線は約1時間にわたって一部区間を通行止めするはめになりました。その事故現場を調査しました。

事故を起こして道路の壁に衝突して停車しているのがわかります。フロント部分はエグレて社内にはエアバックのようなものが見えます。また、オートバイが大きく破損していることから事故の大きさを物語っています。

現場はゆるやかなカーブとなっており、センターラインをオーバーしていた大久保れもん容疑者とゆるやかなカーブを曲がってき少し大きく曲がったオートバイが接触したのではいでしょうか。カーブを曲がるときは少し膨れてしまう傾向にあります。気持ち出会いがしらだった可能性もありますね。

大久保れもん容疑者が運転していた乗用車はマツダCX-5

大久保れもん容疑者が運転していた乗用車はおそらくマツダの人気車種「CX-5」だと思います。マツダCX-5はマツダで一番人気があるSUVで世界でも売れている人気車種です。CXシリーズは他にもCX-8・CX-3・CX-30や海外ではCX-9などかなり需要がある人気シリーズとなっています。内装が高級感がありかつコスパがいい。さらにクリーンディーゼルで素晴らしい燃費とトルクフルな特徴が世界的に人気のある特徴です。最近ではCX-5より少し大きいCX-8がかなり売れてきています。

マツダの特徴はフロント部分が長いことです。安全性はもちろん正面衝突しても死亡してしまう確率が下がります。他の車に比べてフロント部分が長いのでその分リーチがあります。大久保れもん容疑者は大きな事故を起こしてもしなかったのはこの車のおかげかもしれませんね。しかし、サイズがデカい車は相手に与える衝撃はものすごいものです。CX-5の重量は約2トン近くありますので当たった衝撃は強いと考えられます。それがバイクという小型の乗り物だったらなおさらわけが悪い。

大久保れもんの名前が衝撃すぎてSNSで話題に「容疑者の母はママレモンと呼ばれる」

昨日からニュースで伊豆市の事故が取り上げあられいます。今朝のニュースでは大久保れもん容疑者の名前はすでに全国的に報道されており大久保れもん容疑者の母親はママレモンと呼ばれている始末。ネット上では笑ってはいけないがわらってしまったというSNSで投稿している方が多くいました。中には鼻水を噴き出してしまうほど笑ってしまった方もいます。笑ってはいけないとは思っていても笑ってしまうような名前なのですからしかたないですよね。

ママレモンに対して適当な名前にするとこういった事件・事故などを起こすと全国的に話題になってしまうから適当にな名前をつけたらダメと注意している方もいました。ママレモンもこのうようなことなるとは想定もしていなかったでしょうね。これから大久保れもん容疑者は刑務所を出てもいじられる運命でしょう。

大久保れもん容疑者の家族は他にもフルーツの名前を使っている可能性もあります。妹の「りんご」三女の「みかん」などいろんな果物で名前をつけている可能性がありますね。こういった名前にすると事件や事故が起きた時に非常に厄介になります。今回は大久保れもん容疑者が全国で一躍有名となりました。出所後もいじられる人生が待っているでしょう。

伊豆交通事故が発生した経緯概要

大久保れもん容疑者

静岡県伊豆市で起きた交通事故の経緯や概要をまとめました。

  • 10月24日午前9時半ごろ、伊豆市上船原の国道136号で久保田れもん容疑者20歳が運転する乗用車が何らかの理由でセンターラインをオーバーして、対向車線を走っていたオートバイ2台と衝突しました。
  • この事故で、オートバイを運転していた東京都練馬区の会社員:山口晴久さん44歳が死亡。もう1人のオートバイを運転していた40歳男性が重傷を負いました。大久保れもん容疑者の友人3人も負傷しました。
  • 当時乗用車を運転しいていた名古屋市名東区の大学生:大久保れもん容疑者20歳を過失運転致死傷の疑いで逮捕しました。
  • 大久保れもん容疑者が運転する車には友人三人が一緒に乗っていた。
  • 警察は事故の詳しい原因を調べている。

つづく…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる