宮田麻子さんの大学「共通点が多く6年間で親密に・・・」帯広殺人事件

宮田麻子先生の大学を調査!家族や子供も
  • URLをコピーしました!

片桐朱璃(かたぎりしゅり)容疑者35歳によって殺害された元同僚で同じ大学だった宮田麻子(みやたあさこ)さん47歳。宮田あさこさんの大学や家族・子供について調査していきます。

目次

宮田麻子さんの大学は酪農学園大学!?「片桐朱璃容疑者と同じ大学だった」

2022年3月まで同じ高校で働いていたとされる宮田麻子先生と片桐朱璃容疑者は、同じ大学出身だったということが新たにわかりました。宮田麻子さんの大学がどこなのか調査しました。

あるネット記事に「2人を知る知人によると、2人は同じ大学の出身で、高校の外では一緒に遊ぶなどをしていた」と話していました。12歳も年が離れているので宮田麻子が入学した年代とは被っていないでしょう。

ネット上で片桐朱璃容疑者と同じ名前のもの酪農ジャーナル2010年1月号に掲載されているという情報がありました。この酪農ジャーナル2010年1月号について調査していきます。

酪農学園大学の酪農ジャーナル2010年1月号に片桐朱璃(かたぎりしゅり)と記載されている証拠。宮田麻子さんの大学調査

酪農ジャーナル2010年1月号の「カラーグラビア」という欄に片桐朱璃と掲載されていることがわかります。片桐朱璃容疑者の大学は酪農学園大学の可能性が非常に高いです。そうなると、宮田麻子さんも同じ大学ということなので酪農学園大学だったということになります。しかし、片桐朱璃容疑者本人かは特定できていません。同姓同名という可能性も少なからずあるでしょう。

酪農学園大学の酪農ジャーナル2010年1月号に片桐朱璃(かたぎりしゅり)と記載されている証拠。宮田麻子さんの大学調査

現在の酪農学園大学の教員免許の取得について調査しました。酪農学園大学の主な教員免許は、農業・理科・社会・公民の4つです。教職コースになると農業+理科や農業+社会・公民といった複数を取得しなければなりません。しかし、宮田麻子さんは英語の教師ということなので酪農学園大学であれば英語の教員免許は取得できないと思われます。

宮田麻子(みやたあさこ)さんの大学調査
酪農学園大学の教員免許取得可能一覧

片桐朱璃容疑者の年齢は35歳で宮田麻子さんの年齢は47歳と12歳離れています。もし、高校卒業後に大学に進学していると考えるとかなり10年ほど入学が違います。酪農学園大学の方針が変わっている可能性が高いです。1991年平成3年に酪農学園大学付属高等学校ととわの森三愛高等学校が統合し、とわの森三愛高等学校(酪農経営科・普通科・英語科)を開設していることがわかりました。当時の酪農学園大学付属高校に英語科があるのでもしかすると当時は英語の教員免許が取得できた可能性があります。

宮田麻子(みやたあさこ)さんの大学調査
酪農学園大学の教員免許取得可能一覧英語

片桐朱璃容疑者と宮田麻子さんは2022年3月までの6年間、北海道の

また宮田麻子さんが酪農学園大学を卒業後別の大学に進学した可能性もあります。やはり農業ではなく、英語の教師を目指して別の大学に進学した可能性もあるでしょう。宮田麻子さんの大学は特定できませんでした。引き続き調査していきます。

宮田麻子Facebook「釧路に行くとウソをつく美魔女」帯広殺人事件

宮田あさこさんの家族や子供「子どもと旦那の3人か」

北海道帯広市の雑木林で女性の遺体が見つかった事件で、殺害されたのは宮田麻子さん47歳ということが分かりました。宮田あさこさんの家族や子供について調査していきます。

宮田あさこさんは5月29日に「釧路に行く」と子供に言い残して外出しました。29日の夜まで宮田あさこさんの夫と連絡を取り合っていたようです。しかし、その後音信が途絶えてしまい翌30日に宮田麻子さんの夫が「妻の行栄がわからない」と警察に相談していました。家族を残して釧路に行くと言っていた宮田あさこさんは帯広市の片桐朱璃容疑者の所へ向かっていたのです。

片桐朱璃容疑者は今春から帯広農高の野球部副部長に就任。帯広市で5月29日に行われた同高の試合を宮田あさこさんが見に来ていたという情報があったようです。ついでに釧路に行くついでに寄ったのか、はなから片桐朱璃容疑者に会いに行くための口実だったのかはわかっておりません。

現時点で分かっているのは、宮田麻子さんには夫そして子供がいるということです。最低はで家族は宮田麻子さん含めて3人でしょう。子どもが何人いるのかはわかっておりません。

片桐朱璃のフェイスブック「不倫関係がもつれたか」帯広殺人事件

宮田麻子さんの夫は片桐朱璃容疑者との関係を知っていた!?

帯広農業高校の教師:片桐朱璃容疑者は北見緑陵高教師の宮田麻子さんを殺害し遺体を車で運びスコップで穴を掘り埋めました。そもそもなぜ片桐朱璃容疑者が捜査線に浮上したのかという疑問が生じます。このことについて調査していきます。

殺害された被害者の宮田麻子さんは、子どもに釧路に行くと告げて家を出ていきました。しかし、実際の行先は帯広市の片桐朱璃容疑者のところです。宮田麻子さんが野球の観戦していたのは目撃されています。警察はまず、家族であった宮田麻子さんの夫へ聞き取りなどから片桐朱璃容疑者が浮上したしています。この文面だけで行くと、宮田麻子さんの夫は、妻の宮田麻子さんと片桐朱璃容疑者の関係を知っていた気づいていたということではないでしょうか。

宮田麻子さんと片桐朱璃容疑者の関係を夫は知っていた!?

警察はおそらく、宮田麻子さんの通話履歴や位置情報を入手し裏付け捜査をしたと思われます。5月29日に宮田麻子さんが片桐朱璃容疑者と電話でやり取りしていた通話履歴が残っていたため、警察は片桐朱璃容疑者が捜査線に浮上したので聞き取り調査を行ったと思われます。警察の取り調べに対して、片桐朱璃容疑者は自供し宮田麻子さん発見にいたりました。

宮田麻子さんと片桐朱璃容疑者の関係を夫は知っていたのではなく警察の裏付け捜査で発覚した説

宮田麻子さんの夫が片桐朱璃容疑者と妻の麻子さんの関係を知っていた可能性はあるとは思いますが、おそらく警察の裏付け捜査から容疑者の炙り出しそして逮捕に至ったのだと思われます。

帯広殺人事件について最新の情報が入り次第追記していきます。よろしくお願いします。

佐藤凛果インスタ「ワイシャツボタンが弾ける巨乳美人」持続化給付金詐欺

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる