小池駿介Facebook「夢が叶い始めたやさき」知床観光船事故

リオン・ドール御曹司:小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳のFacebookや家族
  • URLをコピーしました!

4月24日北海道知床半島沖で起きた観光船の遭難事故で福島県の小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳が亡くなったことが新たに分かった。小池駿介さんはリオン・ドールの御曹司で慶応大学卒です。そんな将来有望な人材のFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)などのSNSや兄弟・彼女がいたのかを調査していきます。

目次

小池駿介Facebook「先代の後を追いかけるように死去」

4月24日北海道知床半島沖で起きた観光船の遭難事故で福島県会津若松市の小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳が新たに発見されました。3日後の4月27日に家族が面会して身元が判明しました。小池駿介さんのFacebook(フェイスブック)アカウントについて調査していきます。

Facebookの検索窓で「小池駿介」と漢字で検索しました。すると、複数の小池駿介というフェイスブックアカウントがヒットしました。これらのフェイスブックアカウントを見ていきます。上から2番目に気になるFacebookアカウントがありました。

小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳のFacebook(フェイスブック)アカウント調査

2番目に出てきた小池駿介のFacebookアカウントの自己紹介には出身校:慶応義塾大学/history20130405と記載されていました。これはおそらく2013年4月5日に慶応義塾大学に入学したことだと考えられます。知床観光船で亡くなれた小池駿介さん28歳の可能性があります。しかし、顔画像や出身地などが記載されていないので特定にはいたっておりません。

小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳のFacebook(フェイスブック)アカウント調査

この小池駿介の友達を見てみると同じように出身校に慶応義塾大学/history20130405と記載されているアカウントがありました。このアカウントを少し調べると、慶応義塾大学/history20130405を卒業しました。と投稿されていることがわかりました。2016年に慶応義塾大学を卒業したと考えられます。高校卒業後2013年から2016年の4年間大学に通っていれば卒業した時は、22歳くらいです。そして現在は、2022年ということでちょうど28歳の年ということがわかりました。しかし、高校卒業してからすぐに慶応義塾大学に入学したということは不明なので28歳と確定したわけではありません。

小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳のFacebook(フェイスブック)アカウントの友達
小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳のFacebook(フェイスブック)アカウント友達の慶応義塾大学を卒業した年

また1番目に出てきた小池駿介というFacebookにも慶応義塾大学関係の友達がいたので知床観光船KAZU1に乗船してなくなれられた株式会社リオン・ドールコーポレーションの役員で取締役の小池駿介さん28歳の可能性もあります。

小池駿介(こいけしゅんすけ)さん28歳のFacebook(フェイスブック)アカウント調査

しかし、特定できる情報が少ないので遭難事故にあった小池駿介さんとは特定できませんでした。今回調査したFacebookが少しがもしかすると小池駿介さん28歳という可能性は少しはあります。

小池駿介さん28歳のFacebookアカウントを調査する過程で、スーパーマーケットチェーンリオン・ドールの取締役社である小池駿介さんの父親である小池信介さんと会ったことがあるという人物がいました。小池駿介さんとは未成年時代でまだお会いしたことはなかったという。この方が仙台にいた時に、小池信介社長と会う機会があり数回会ったと言う。なぜか気に入られて交流があったのだとか。福島県では口の重い慎重派が多いが、小池信介社長は福島県民のなかでは極めて稀な積極的な人であったという。思いつきの発言も面白いと受け止め、経営も積極的で元気な会社という印象だったそうです。業務提携や他県への進出などのチャレンジをしていおり、積極的に活動していたようです。しかし、2022年3月2日に先代の小池嘉吉会長が97歳で死去しました。小池駿介さん28歳も小池嘉吉会長の後を追いかけるように約1ヵ月後に遭難事故に遭いあえなくして亡くなってしまいました。立て続けに家族が亡くなっていく小池信介社長。相当メンタルがやられたと考えられます。発展途上の株式会社リオンドールコーポレーション。多くの従業員がいる中で後継者問題もあります。家族の別れを惜しみつつ会社の存続も続けていかなければなりません。不幸が重なり苦しい状況です。これもすべて知床観光船桂田精一社長のせいです。

小池駿介さんの父親:小池信介さんに会った人物

小池駿介さんのFacebookやその他のSNSを引き続き調査していきます。よろしくお願いします。

豊田徳幸Facebook「家族がSNS操作?死亡してない」知床遊覧船社長

小池駿介さんはリオンドールの御曹司「将来期待の超新星、夢が叶ったのは束の間」

知床観光船KAZU1(カズワン)に乗船し死亡した小池駿介さん28歳。小池駿介さんは福島県などでスーパーを展開するリオン・ドールコーポレーションの小池信介社長の長男で、リオン・ドールの取締役でした。小池駿介さんは北海道に出張中で、週末に時間ができたため知床を訪れカズワンに乗船しました。良い機会と知床まで足を伸ばしたら週末ではなく終末が訪れました。発見された当初、小池駿介さんは救命胴衣(ライフジャケット)を着用していない状態で発見されたという。死因は溺死で知床岬から西の沖合1.1キロで発見されました。知床観光船の社長:桂田精一の無知で強引な出向でこのような大きな事件に発展し将来有望のリオン・ドール御曹司までの命を奪ってしまいました。

小池駿介さんは仕事の関係者に「榮川酒造の設備を使って、ウイスキーを造り海外で販売するのが夢」と話していたという。リオン・ドールではウイスキーや日本酒を仕入れるバイヤーとして、着実に取引先との関係を築いていて夢が叶い始めた矢先でした。こんな悲惨な事故が起こるとは・・・。小池駿介さんは誰に対しても謙虚な態度で接し、その仕事ぶりは非常に丁寧だったと言う。仕事の関係者からも「訃報にショックを受けている」と悼む声もある。28歳の若さでリオン・ドールの取締役まで地位をのぼりつめ、「ウイスキーを造り海外で販売する」という大きな夢をことごとく潰されてしまいました。小池駿介さんの家族そして会社の関係者・取引先は怒りを隠せないと思います。「これからの地域経済を担う方と思っておりましたので、会津若松市にとって大きな損失」会津若松商工会議所の渋川会頭は言っていた。

小池駿介さんの経歴について一部記事で取り上げられていたの紹介します。

  • 2009年に会津高校に入学
  • 2012年に慶應義塾大学商学部に入学
  • 慶応義塾大学在学中にはイギリスの大学に留学
  • 卒業後は東京の総合人材サービス会社勤務を経て、2019年に父親が社長を務めるリオン・ドールコーポレーションに入社。
  • 2021年、資本業務提携を結んだ榮川酒造の取締役に就任

小池駿介さんは高校の同級生からは「彼はとにかく良い奴だった。いつもニコニコして優しく、彼の悪口を聞いたことがない。サッカー部の練習では、チームの中心で声を出して引っ張っていた。勉強熱心で学年でも上位。こういう人柄でも決して目立とうとしない。いつも彼の周りには仲間がいた」という。高校の友人の話を聞く限りでは、小池駿介さんは文武両道を貫き明るく前向きな性格で勤勉な様子がうかがえます。周囲には仲間もいて尊敬されれる存在だったのではないでしょうか。小池駿介さんが慶応義塾大学に在学中にイギリス留学「イギリス留学で本場のウイスキーのおいしさを知ったことが、ウイスキー事業を目指したきっかけ」と話していた。

小池駿介さんは28歳という若さでこの世を去ってしまいました。この若さで取締役を務めあげ、「ウイスキーを造って海外に売り出す」という夢を持っていた。学生のころから文武両道の精神で勉強や部活に励み優秀な成績を収めました。将来有望な人間を杜撰な管理体制の知床観光船に乗船してしまったがために無くしてしまいました。福島県の期待の星だったのに。

株式会社リオン・ドールコーポレーションは、1950年3月に設立され約70年が経ちます。福島県会津地方を中心に活動している。隣県の新潟県や茨城県にもスーパーマーケットを展開していた。かこには 秋田県や宮城県にも出店していた。福島県内ではヨークベニマルに次いで2番目に店舗数が多い。

小池駿介さんが勤めていた株式会社リオンドールコーポレーション
小池駿介さんが勤めていた株式会社リオンドールコーポレーション
小池駿介さんが勤めていた株式会社リオンドールコーポレーションの概要

小池駿介さんの顔画像が友人から提供されたようです。さわやかな顔立ちで明るい印象があります。仲間も多くいたということは本当のように感じられます。リオン・ドールの御曹司という将来期待された人材だった小池駿介さん。北海道の出張で息抜きに訪れた知床半島。まさか遭難事故に遭うとは誰も思っていなかったでしょう。

お悔やみ申し上げます。

つづく・・・

鈴木智也さんのFacebook調査「知床観光船プロポーズ大作戦」

桂田精一の父親や家族「15年町議で神社の宮司!」知床観光船遭難事故

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 2008年に福島県へ旅行した時に、必要物品(食料や飲料水など)を買うために、リオンドールを利用しました。
    県外の客なのに、親切に車のトランクまで運んでいただき、また関東へ戻るルートも丁寧に教えてくれました。(車がスポーツ系だったので、走りを楽しむルートとそうでない最短高速道路ルートの二つを教えてもらう)。
    地元に戻った後も、福島県出身の方が近所にいて、「パートで働いていた。時給は高くないけど店長が優しくて休み希望をしっかり取ってくれた。今ド〇・キ〇ーテで働いているけど、お店だけならリオンドールで働きたい」と言っていました。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる