伊藤柚輝殺害犯人「中島・大村はデマ!真犯人は早川か!?」愛知県弥富市殺人事件

伊藤柚輝14歳殺害犯人の中村・大村・早川のデマを調査!
  • URLをコピーしました!

愛知県弥富市殺人事件の犯人の名前が複数上がっておりデマが拡散されています。弥富市立十四山中学校で起きた事件の被害者の伊藤柚輝(いとうゆずき)さん14歳を殺害したとされる中島・大村・早川について調査していきます。ばくさいや5ちゃんねんるの情報をまとめました。

目次

伊藤柚輝さんを殺害した犯人「中島でもなく大村でもない早川〇馬!」

愛知県弥富市殺人事件の犯人の名前が複数上がっておりデマが拡散されています。弥富市立十四山中学校で起きた事件の被害者の伊藤柚輝さん14歳を殺害したとされる中島・大村・早川について調査していきます。ばくさいや5ちゃんねんるの情報をまとめました。

インターネット交流サイト「爆サイ」で伊藤柚輝さんを殺害した犯人は、「十四山中学校3年4組中島健人、虐めの仕返しに刺し殺したらしい!!」という情報がありました。こちらの情報は、ゆくゆく調べてみるとデマということがわかりました。その理由は、ニュース報道にあった情報の中には、「生徒は、50名で2クラスまでしかない」という情報だ。このたしかな情報をもとに考えると3年4組というクラスは無いことがわかります。

伊藤柚輝さんを殺害したのは中島というデマ情報

新たに犯人と思わしき人物の名前が出ていました。「真犯人のことで。十四山中学校には、中島や大村という人はいない。早川〇馬が伊藤柚輝やったんだ。」という書き込みがありました。その1分後に「ガセじゃない。早川がほんとの真犯人。」という投稿がありました。その後に、「これがウソだと思うなら十四山にこればいい。」と言っていました。この情報はたしかという確証はありません。しかし、かなりの自信があるようで十四山中学校の生徒の可能性もありますね。苗字は明かされていますが名前がわかりません。〇馬となっています。予想するなら「かずま」や「そうま」でしょうか?この人物が真犯人という証拠はないので断定できないでしょう。

伊藤柚輝さん殺害した新犯人:早川

複数のスレッドに「早川〇馬が犯人だよ。デマじゃない」と投稿しているようです。引き続き動向を監視していきます。

これまでに出てきた名前は、以下の3名です。

  • 中島健人
  • 大村
  • 早川〇馬

「中島健人」に関しては完全なデマ情報です。残る「大村」と「早川〇馬」がデマなのかの引き続き調査をしていきます。

追記:YouTuber折原さんが伊藤柚輝さんを殺害した犯人の実名を特定していたようです。弥富市十四山中学校の生徒に話を聞いたようですね。しかし、アカウント乗っ取りの可能性もありますので確証はありません。

伊藤柚輝さんを殺害した犯人の実名

追記:伊藤柚輝(いとうゆずき)くん14歳を殺害した加害者の少年は、伊藤さんを廊下に呼び出して刃渡り20センチの柳刃包丁で腹部を一突きしたそうです。犯人の少年が放った一撃は、 肝臓や脾臓まで達していて、大動脈が損傷したことが致命傷となったようです。凶器の柳刃包丁は、少年が母親のアカウントを使いネット通販サイトで購入。登下校で使用してたリュックサックに隠して持ち込んでいたことが分かりました。

中学校を舞台にした同級生殺人事件ということで、事件後から様々な噂がたちました。犯人の少年がLINEグループkら外されたことが動機だったという噂が広まっていたということだが、そんな単純な話ではありませんでした。度重なる伊藤柚輝(いとうゆずき)くんのお願いや嫌がらせ行為を受け、かなりフラストレーションが溜まっていました。唯一楽しみにしていた修学旅行で、スマホを持ってきていることを別の生徒に告げ口されて台無しになってしまったという。このことがきっかけで、学校生活どうでもいいやと思うようになり伊藤柚輝(いとうゆずき)くんを殺害する計画をたてたのだという。

少年の家族は合計7人。両親・祖父母・曾祖母・兄がいて、お祖父さん、お祖母さんとも元市役所職員だったこともあり裕福な家庭で育った少年。内気な性格だったということもありこれだけの家族がいながら誰も少年の変化に気づかなかったという。学校側もいじめなどのトラブルを把握していない家族も把握(察知)できない環境下にいた少年は、いつ不満が爆発してもおかしくない状況にあったと思う。子どもは大人と違い、小さな不満も抱え込んでしまいます。そういった小さな不満がやがて大きな事件を起こす種になってしまいます。二度とこのような事件を起こさないように、学校側だけではなく子どもの家族も対応すべきだと思います。今もこうしているうちに日本のどこかで不満を抱えている子ども達がたくさんいるかもしてませんね。

引き続き調査していきます。よろしくお願いします。

伊藤柚輝さんはいじめていた!?「礼儀正しい誰からも好かれる中心的な子」

伊藤柚輝さんは中学校から野球をしていていつも明るくて好印象でした。礼儀も正しくいつも挨拶していて誰かも好かれる人物だったそうです。そんな明るい性格で礼儀正しい伊藤柚輝さんがなぜ隣のクラスの男子生徒に刺されたのでしょうか。謎が深まるばかりです。ニュースの一部報道では、殺害された伊藤柚輝さんと犯人の男子生徒は同じ小学校に通っていたそうです。中学校では、中学2年生の時に一度同じクラスになっていたようです。

追記:伊藤柚輝さんと犯人の男子生徒は、畑に囲まれた小さな小学校の同級生で男子8人・女子12人の計20人でした。少人数なので1クラスしかなく6年間同じクラスでした。中学校では、1学年50人ほどしかおらず、2クラスしかありませんでした。2クラスしかありませんでしたが、伊藤柚輝さんと男子生徒は別のクラスです。

伊藤柚輝さんと男子生徒は、小学校でサッカーをしていました。しかし、中学校ではサッカー部が無く2人はそれぞれ違う部活動に入りました。伊藤柚輝さんは野球部に入部し男子生徒はバレー部に入部したそうです。

伊藤柚輝さんの簡単なプロフィールを作成しました。

伊藤柚輝(いとうゆずき)さん14歳
  • 名前:伊藤柚輝(いとうゆずき)
  • 年齢:14歳
  • 学年:中学3年生
  • 小学校:愛知県弥富市立十四山西小学校
  • 中学校:愛知県弥富市立十四山中学校
  • 部活動:中学は野球、小学校はサッカー
  • 性格:いつも明るいリーダーシップがある子。面倒見がよく兄弟と仲がいい。地域の行事によく参加している印象。元気がよくいつも外を走り回っている

近隣住民などはからの証言からすると、伊藤柚輝さんはかなり良い子といいうことがわかります。なぜ男子生徒は、伊藤柚輝さんを殺害してしまったのでしょうか。小学校から同じクラスそしてサッカー部の古き友だったのになぜ・・・

殺害しれた伊藤柚輝さんの住所は、弥富市五斗山2というところです。犯人の男子生徒とは、同じ小学校に通っていという情報があります。この地図からすると伊藤柚輝さんは「愛知県弥富市立十四山西部小学校」に通っていた可能性が非常に高いです。

伊藤柚輝さんの住所

弥富市立十四山中学校の学年人数は、50人ほどということだったのでおそらく「弥富市立十四山西部小学校」と「弥富市立十四山東部小学校」の2校に通っていた生徒が入学していたと思われます。

弥富市立十四山中学校近辺

引き続き調査していきます。

追記:11月28日のニュースで新たな情報が入りました。殺害された伊藤柚輝さんと犯人の男子生徒は中学2年生まで同じクラスでした。しかし、犯人の男子生徒は伊藤柚輝さんに「給食の時にお箸をなかなか渡してくれない」「生徒会の役員選挙の演説会で伊藤柚輝さんの応援演説をやらされたのが嫌だった」「かってに話に割って入ってくるのが嫌だった」などの複数の悩みを担任の先生に相談していたようです。担任の先生は、犯人の男子生徒を配慮して2人を別のクラスにしました。犯人の男子生徒は過去に数えきれないほど嫌がらせや悩みを抱えていてかなり悩んでいました。伊藤柚輝さんは、犯人の男子生徒に頻繁に嫌がらせをしていたようです。

愛知県弥富市同級生殺人事件コメント「挨拶だけの関係では人間性の深い部分は不明」

いつもマスコミは、加害者の犯人の名前を出さず被害者の名前を許可なく公(おおやけ)にしています。下記のコメントでもおっしゃっていますが『死人に口なしとは言えマスコミに人の心はあるのか!?』といことにかなり共感します。もし自分が被害者の立場だったら公に実名報道してもらいたくありません。多くの人が同意見だと思います。マスコミはなぜ、昔から現在にいたって世間から批判されている被害者の実名報道をやめないのでしょうか。被害者の家族が実名報道をやめてくれとお願いしても実名報道されてしまったという方々も多数いらっしゃります。自分達のてがらを気にするのではなく被害者の気持ちを気にして欲しいものですね。

小学校からの同級生の男子生徒に殺害された伊藤柚輝さんは近隣住民からの評判がかなり好印象・高評価ばかりすぎないか?と思われている方がたくさんいるみたいです。世間からしたらそんな印象が良い子がどうして殺されてしまうのだろう。きっと犯人は頭がおかしいや被害妄想などをしているのではないのかと加害者を批難する意見が多いと思います。しかし、現実はそう甘くはありません。ただ外ずらだけしっかりしているずる賢い子供だったという可能性もあります。子どもは大人を軽く騙します。利口な子だと大人の扱いは手慣れたものでしょう。そういった半面で同級性などにはかなり意地悪をしたりする子もいるようです。「リーダーシップがある・明るく活発なタイプなど」外見だけは良いように見えますが、中身はどうでしょうか?本質的なことなんて身近に接していきた友達などしかわからないのです。私たち他人が外からみていい子そうだと思っても中身はクソなのかもしれません。挨拶程度の関係ではその子の深い人間性はまでは誰もわからないのです。

「イジリがイジメになっていることに気づかない。」このようなことは現代社会において未だに解決されません。いじっている人からしたらただのいじりだか、いじられる人にとってはイジメだと思っているかもしれません。また、軽いイジリのつもりが段々と慣れてしまいイジリの度合いが麻痺してエスカレートしていくケースもあります。こういったことを体験したことがある方が少なくともいると思います。こういったことに周りの人達が敏感に察知できないと今回の事件のように殺人事件に発展したり自殺に追い込まれたり・不登校になるというような事態になります。今回の事件を教訓に学校では道徳の時間などでこういった事件が起きている事実があることを子供たちに共有すべきです。そして改めて今自分がしていることが本当にただのイジリなのか?はたまた周りでそのような事は起きていないのか考えさせる時間を設けるべきですね。

11月28日のニュースで2年生の時に犯人の男子生徒が伊藤柚輝さんにいろいろ悩みがあることを打ち明けてそれを配慮してクラスを別にしたにもかかわらず、記者会見で校長先生は「学校として思い当たることはない」「いじめなどは確認されていない」などと発言していました。これはおかしな発言ですね。明らかに学校側が隠ぺいしようとしているように思えます。事を荒立てたくない気持ちはわからなくもないが事実をすぐに発言すべきです。あとあとすぐにバレてしまうのですから。

愛知県弥富市立十四山中学校殺人事件概要

愛知県弥富市立十四山中学校殺人事件概要をまとめました。

愛知県弥富市十四山中学校の伊藤柚輝さん殺害現場
  • 2021年11月24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市にある弥富市立十四山中学校で「同級生同士のトラブルでお腹を刺された」と110番通報があった。
  • 男子生徒が別のクラスの同級生を包丁で刺し死亡しました。
  • 警察官と救急隊が学校に駆けつけたところ、教室近くの廊下に3年生の伊藤柚輝さん14歳が腹部を刺されて倒れいました。伊藤柚輝さんは病院に搬送されましたが、約2時間半後に出血性ショックで死亡しました。
  • 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、隣のクラスの同級生で14歳の男子生徒です。
  • 教室の近くで伊藤柚輝さんを刺していたところを先生が止めに入りました。
  • 逮捕された男子生徒が持っていた刃物は、約20センチほどあり伊藤柚輝さんの肝臓を貫通していた。
  • 男子生徒は警察の取り調べに対して、「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めている。
  • 110当番通報があった午前8時10分ごろは、「読書の時間」でした。事件のあった8時過ぎの時間帯は、生徒の登校が終わっていて、担任の教諭がそれぞれの教室にいた。しかし、担任の先生は男子生徒の犯行の瞬間を目撃しておらず、2人がなぜ廊下にいたのかという経緯もわかっていません。
  • 弥富市立十四山中学校は、男子生徒と伊藤柚輝さんにトラブルがあったことやいじめなどは把握していない。
  • 警察は、容疑を殺人に切り替えて事件の経緯を調べる。
  • 男子生徒と伊藤柚輝さんは同じ小学校に通っていた。中学2年生では同じクラスだった。
  • 伊藤柚輝さんを殺害した男子生徒は、「応援演説を頼まれたのがいやだった」「友達と話している時に割って入ってくるのが嫌だった」と供述している。
  • 警察は、2人の間に複数の悩みや不満があったみて動機を慎重に調査している。
  • 犯人の男子生徒は過去に伊藤柚輝さんのことで悩みを相談していたようです。その相談を配慮して、3年生からは別のクラスにしたことがわかりました。

つづく…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次