射手矢侑大の現在「逮捕2回目か」安堂寺町ひき逃げ事件

射手矢侑大の現在(ドクター西川)
  • URLをコピーしました!

大食いフードファイターとして活躍していた射手矢侑大(ゆきひろ)さん。田嶋クリニックで医師を務めるなどをしていました。射手矢ゆきひろさんの現在や経歴・ドクター(西川)射手矢が逮捕されたなどを調査していきます。

目次

射手矢侑大の現在「轢き逃げで逮捕!過去に無免許飲酒運転」

かつて「大食いフードファイター」として知られていてお好み焼きを1時間で20枚食べるなどテレビ番組などにも出演していた射手矢侑大さん40歳。射手矢侑大さんの現在について調査していきます。

射手矢侑大さんは、2022年7月17日未明に、大阪市中央区の路上で乗用車とタクシーが衝突し、車に乗っていた26歳の男性ら4人に重軽傷を負わせたにもかかわらず、現場から逃走したとして7月27日に逮捕されていました。

2004年にはお好み焼き焼きを20枚も食べる大食いでした。それが18年後の2022年にはひき逃げ事件で逮捕される容疑者となってしまいました。

射手矢侑大容疑者は、このアストンマーティンDBXという車に乗っていたそうです。前輪が無いのが分かります。かなり強く当たったのでしょう。

アストンマーティンDBX

射手矢侑大容疑者は、堺市のなかもずクリニックで勤めていた時にに無免許飲酒運転をして三カ月の業務停止命令が出ていたのにも関わらず、医療をしていたので医師法違反で2013年に逮捕されていたようです。免許剥奪の可能性があったようですが、その時は医師免許は剥奪されなかったようです。

射手矢侑大容疑者は、過去に無免許飲酒運転と医師法違反で逮捕されています。今回のひき逃げ事件で3回目の逮捕となるようです。2度あることは3度ある。射手矢侑大容疑者は、記憶が無くなるほど泥酔していたと見られています。

射手矢ゆきひろ容疑者の経歴「仮面浪人して市立医大へ」

ひき逃げ容疑で逮捕された元フードファイターの射手矢侑大容疑者40歳。射手ゆきひろ容疑者の経歴について調査していきます。

射手矢侑大容疑者はなかずもクリニックや田島クリニックで医師として活動していました。

大学は藤田保健衛生大学に入学したようです。匿名掲示板には、射手矢侑大容疑者と同じ学年で入学し友達だった姉をもつ人がいました。その方によると射手矢侑大容疑者は高校卒業したあと薬学部に入り、仮面浪人して市立の医大にいったそうです、その後フードファイターとして有名になったという。

射手矢侑大容疑者の大学などの経歴

医学生でフードファイターという異名をもつ射手矢侑大容疑者は当時、かなり有名でした。お好み焼き20枚やラーメン33杯など数々の記録を持っています。

射手矢侑大容疑者が起こした事故「タクシーがひっくり返るほど」

7月17日午前2時15分ごろに、大阪市中央区安堂寺町2の国道で事故が発生しました。タクシーに乗っていた運転手や乗客が重軽傷を負っています。射手矢侑大容疑者が起こした事故現場の様子を見ていきます。

下記画像が射手矢侑大容疑者のアストンマーティンDBXとタクシーが衝突した事故現場です。ぶつけられたタクシーが横転しているのが分かります。逆さまになっていることからかなり強い衝撃があったと考えられます。

大阪市中央区安堂寺町2の事故現場(射手矢容疑者が起こした事故)

タクシーの屋根は事故の衝撃と重みで凹み、フロントガラスはバリバリに割れています。また、射手矢侑大容疑者のアストンマーティンは前輪が無い状態でフロント部分が外れてかかっています。おそらくタイヤ付近にぶつかったのではないでしょうか。

射手矢容疑者のひき逃げ事件

こんな状態にもなっているにも関わらず、射手矢侑大容疑者はウソの盗難届を提出し車が盗まれたと言っています。また、「エアバックが開いていた記憶があるが、事故を起こした記憶がない」などあいまいな供述をしている。記憶が無くなるまで飲酒していた可能性が高いでしょう。過去にも飲酒運転で逮捕されていることもあります。

大阪市中央区安堂寺町2ひき逃げ事件

大阪府大阪市中央区で起きたひき逃げ事件について概要をまとめました。

  • 7月17日の未明、大阪市中央区の路上で乗用車とタクシーに衝突し、車に乗っていた26歳の男性ら4人に重軽傷を負わせたにもかかわらず、現場から逃走したとして、医師の男が7月27日に逮捕されました。
  • ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、大阪府吹田市里山西2に住む医師・射手矢侑大(いてやゆきひろ)容疑者40歳
  • 7月17日午前2時16分ごろ、大阪市中央区安堂寺町2の国道で運転中に前から来たタクシーに衝突し、運転手と乗っていた26歳の男性ら4人に重軽傷を負わせたにもかかわらず現場から逃走した疑いがもたれています。
  • 射手矢侑大容疑者が運転する車が片側2車線の緩やかな左カーブで、中央ラインをこえ、事故したとみられている。
  • 事故後、射手矢侑大容疑者はタイヤが外れて自走できなくなった車を現場に残し逃走していました。
  • 残された車のドライブレコーダーなどに射手矢侑大容疑者とみられる男が逃走する様子が映っていた。
  • 射手矢侑大矢容疑者は「事故を起こした記憶はないです。今後の事は弁護士と相談します」と容疑を否認している。
  • 7月17日夕、天王寺署に「16日夕にコインパーキングに止めた車が盗まれた」とウソの被害届を申告していた。
  • 「実はエアバッグが開いた記憶があります」とも話している。
  • 射手矢侑大容疑者は大阪市生野区のクリニックで院長を務めていた。
  • 警察は射手矢容疑者が記憶がなくなるほど泥酔して運転していた可能性があるとみて調べています。

つづく・・・

山田絢子さんインスタグラム調査!指宿シーサイドホテル事故

柳本智也容疑者の病院を調査「犯行には良い場所」桃山台わいせつ事件

加藤智大死刑囚の生い立ち「虐待教育や恋愛禁止」秋葉無差別殺傷事件

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次