バルボサロブソンのFacebook「身体に龍のタトゥー」母子殺人事件

バルボサロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)調査
  • URLをコピーしました!

大阪府堺市で起きた母子殺人事件で荒牧愛美(あらまきまなみ)さん29歳の夫、バルボサロブソン容疑者33歳容疑者が指名手配されました。バルボサ容疑者のFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)・仕事や勤務先について調査していきます。

目次

バルボサ容疑者のFacebook顔画像「身体に龍のタトゥー」

大阪府堺市で母親と3歳の娘が殺害された母子殺人事件で、夫であるブラジル国籍のバルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者を指名手配しました。バルボサロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウントについて調査します。

Facebookの検索窓で「Anderson Barbosa」と英語で検索すると出てきました。また、妻の荒牧愛美さんのFacebookアカウント「Manami frost」からもリンクで飛ぶことができます。

バルボサアンデルソンロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント調査、荒牧愛美(あらまきまなみ)さんの夫・旦那

バルボサロブソン容疑者のFacebookアカウントを見てみると、プロフィールの欄に以前の勤務先や出身地について記載されていました。バルボサロブソン容疑者はブラジルのロンドリーナ出身地のようです。2012年頃から、大阪府堺市に来ていたとされています。

バルボサアンデルソンロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント調査、荒牧愛美(あらまきまなみ)さんの夫・旦那
バルボサアンデルソンロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント調査、荒牧愛美(あらまきまなみ)さんの夫・旦那

荒牧愛美さんの夫(旦那)であるバルボサロブソン容疑者は、右肩や左わき腹にタトゥー(刺青)が入っていることがわかりました。左わき腹には、龍(ドラゴン)が描かれていることがわかります。ブラジル人は身体にタトゥーを入れてる人が多い印象です。

バルボサアンデルソンロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント調査、荒牧愛美(あらまきまなみ)さんの夫・旦那

ブラジルではタトゥーをする人はごく一般の人々です。ピアスの穴を開けるようにファッション感覚で気軽に入れています。未成年は親の同意があれば入れることができます。日本では考えられませんね。若者の間では、タトゥーはクールなものという認識が根付いているようです。カッコイイ服を着ているものと同じように一種のファッション感覚で入れているようです。ブラジル人にとってタトゥーはごく一般的なことなのです。

荒牧愛美さんの夫・旦那になったのは約3年前ということがわかりました。2019年5月16日以降に入籍したようです。おそらく娘のリリィちゃんをお腹の中に授かったため、結婚に踏み切ったのではないでしょうか。

バルボサアンデルソンロブソン容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント調査、荒牧愛美(あらまきまなみ)さんの夫・旦那

黒いキャップに赤紫色のTシャツ姿の男。この画像の男がブラジル国籍のバルボサ・アンデルソン・ロブソン容33歳。

バルボサロブソン容疑者33歳、指名手配犯

バルボサロブソン容疑者は、現在ブラジルへ出国しているようです。8月21日の午前10時半ごろには自宅近くの駅から電車に乗り込む様子が防犯カメラの映像に映っていました。このことからバルボサロブソン容疑者は、荒牧愛美さんとリリィちゃんを8月20日から8月21日の間に殺害したのではないかと推測しています。警察は国際指名手配も視野に入れて捜査をしています。

おそらくバルボサロブソン容疑者は、出身地のパラナ州北部ロンドリーナ市に潜伏しているのではないかと思われます。ロンドリーナはパラナ州第二の都市で、日本移民も多くいます。おそらくロンドリーナ市内の親族宅に潜伏している可能性がある。

日本国内のポ語ニュースサイト「ポルタル・ミエ」によると、バルボサロブソン容疑者は、自身のFacebookページに寄せられた侮辱・非難を含むコメントに対して返信をしていたという。「真実はすぐに明かされる」とコメントを残したが、その投稿自体を29日に削除したという。この記事は503件もシェアされ拡散されているようです。

追記:SNSで「娘は殺していない」と殺害の関与を否定しました。関西テレビが、バルボサ容疑者とみられる人物のSNSにメッセージを送ったところ、8月27日未明、「話せる状態にはない」と言っていた。また荒牧愛美さんのスマートフォンから母親宛てに「病気だから家に来ないでほしい」とメッセージが送られていた。発覚を遅らせる目的で偽装工作をしたとみて調べています。

バルボサ容疑者の仕事や勤務先「外国人向け広告代理店か」

日本ではどこで働いていたのか現在わかっておりませんが、ブラジルではセントロ区エスピリットサント街にあったバラコバールで働いていたそうです。

バルボサロブソン容疑者のフェイスブックアカウントみると、以前の勤務先に2社記載がありました。「P.C.I. Party Cup International」と「Bashment Saturday Japan」という会社です。

バルボサロブソン容疑者の仕事や勤務先

P.C.I. Party Cup Internationalは主に、海外の調味料を扱っている会社でした。日本に住む外国人に向けて、調味料を販売していたようです。特にジャマイカのジャークソースがセール中とFacebook上で宣伝していました。また、日本でパーティーを主催している会社でもあります。日本でも外国人の方に楽しんでもらうような事業をしていたのでしょう。

バルボサロブソン容疑者の仕事や勤務先
バルボサロブソン容疑者の仕事や勤務先

Bashment Saturday Japanと言う会社は、海外の料理や音楽などのイベントを主催しチケットを販売する仕事をしているようです。

バルボサロブソン容疑者の仕事や勤務先

おそらくバルボサロブソン容疑者は、このような仕事関係を逮捕前にしていたと考えられます。海外の物やイベントの広告事情を仕事にしていたと思われます。バルボサロブソン容疑者の勤務先については現在も不明です。引き続き調査していきます。

バルボサのインスタ

インスタグラムの検索窓で「Anderson Barbosa」と検索すると、複数のAnderson Barbosaというインスタアカウントがヒットします。関西テレビなどがSNSで連絡を取っていたそうなのでまだ削除はされていない可能性が高いです。今回の調査でバルボサロブソン容疑者のインスタグラムは発見することはできませんでした。

荒牧愛美さんのインスタグラムはネットの特定班によってすでに見つかっています。しかし、バルボサロブソン容疑者のInstagramはまだ発見されていないようです。

バルボサロブソン容疑者の妻、荒牧愛美さんのインスタグラム(Instagram)アカウント

美人妻と可愛い3歳の娘リリィちゃんを殺害したバルボサロブソン容疑者の犯行動機とはいったい何だったのか。

バルボサロブソン容疑者の妻、荒牧愛美さんのインスタグラム(Instagram)アカウント

今後もこの事件について何か新しいことが分かり次第追記していきます。よろしくお願いいたします。

つづく・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次