バイトテロ牛牛損害賠償は?その後の末路はどうなる?過去のバカッター事例まとめ

バイトテロ牛牛岩塩のその後の末路
  • URLをコピーしました!

高級焼肉店牛牛西麻布総本店で岩塩舐め女がインスタに投稿されYahooニュースにも載り大炎上しました。バイトテロを起こした顔を晒された動画撮影者ルナるなと鈴木恵美その後の末路がどうなるのか損害賠償をあるのかを過去のバカッターを事例に調査しました。

目次

バイトテロ牛牛岩塩舐め女に損害賠償請求はあるのか?「店長は弁護士に任せている」

高級焼肉店牛牛西麻布総本店で岩塩舐め女がインスタに投稿されYahooニュースにも載り大炎上しました。バイトテロを起こした顔を晒された動画撮影者ルナるなと鈴木恵美その後の末路がどうなるのか損害賠償をあるのかを過去のバカッターを事例に調査しました。

まず、今回起きた高級焼き肉店牛牛西麻布総本店で起きた岩塩プレートを舐める女性の姿がインスタグラム(Instagram)のストーリに載っているのを視聴者がタレコミ、YouTuberのコレコレさんがネタに扱い大炎上し焼き肉店牛ニュースにも載る問題になりました。牛牛の公式ホームページは一時アクセスが集中しサーバーが落ちる被害にあったそうです。また、Googleの口コミの低評価の削除作業に追われかなり疲弊しているようすでした。そんなことを起こした岩塩舐め女こと鈴木恵美とインスタのストーリーに動画をあげた撮影者のルナのその後の末路はどうなるのか過去の事例をもとに調査していきます。

今回起きた騒動に牛牛西麻布総本店の店主は事態に困惑している様子でした。岩塩プレートを舐める人物と動画を撮影した人物の処遇はどうするのかという記者の質問に対して店主は、「なぜあのようなことが起きてしまったのかということを含めて事実関係をと調査している段階で、ネットの情報しか把握していなくて何とも言えない状況です。問題を起こした人物に関しては顧問弁護士を通して確認を取っている」という回答がありました。実態を把握するもなにも岩塩プレートを舐める姿を動画で撮影されたものをネット上でさらされている時点で事実の確認は済んでいるハズです。事実しか言いようがありません。

また、損害賠償を請求することも考えているのかという質問に対して、「そのあたりも含めて、顧問弁護士さんに対応をお願いしている。まだ事実の確認をしているので損害賠償請求の話はそれからになります」という回答でした。そこでこれまでに問題となって損害賠償請求されている過去のバカッターの事例を見ていきたいと思います。

2013年8月24日にピザーラの従業員がシンクに入ったり冷蔵庫に入ったりする写真がインターネット上に流出していしまいクレームが殺到し大炎上しました。さらにこの問題を起こした人物はスーパーの陳列棚に乗ったり、コンビニの冷蔵庫に入ったりと複数の店舗で悪行していました。バイト先だけではなく近所のスーパーでもどうような不衛生な迷惑行為だと前代未聞の不祥事と発展していきました。また、ピザーラのバイト従業員が通う東京都立小平西高等学校からも謝罪文が発表される異例の事態になりました。事件tが起きた当時この不祥事を起こしたバカッターらは数百万円の損害賠償を支払うことになるだろうという見解でした。しかし、2015年に店舗を運営していたフランチャイズ会社が信頼の回復はかなり難しいとして業務停止を発表しました。東京地裁に破産開始手続きを行いました。負債総額は…2億4000万円!億越えです。

約2億4000万円にも上るとされいます。このバカッターが支払ったのは約1385万円

岩塩舐め女の問題での過去のバイトテロ事例ピザーラ
岩塩舐め女の問題での過去のバイトテロ事例ピザーラ
岩塩舐め女の問題での過去のバイトテロ事例ピザーラ

今回の牛牛西麻布総本店で起きた問題はこの事件を受けて牛牛は高級焼肉店ということもあり損害賠償金は数千万円もしくは数億円行く可能性も捨てきれません。詳細な損害賠償金が出たら追記していきます。

2022年3月25日追記:岩塩を舐めた女性が炎上したバイトテロ事件について訂正。当時撮影していたと思われる人物が「寄神るな」という人物で株式会社ユニマットキャラバンの社長の娘であるという情報がインターネット上に拡散されました。この情報はデマということが新たにわかりました。社長の娘には寄神ルナという名前の娘は存在しない。なおかつ年齢も中学生とバイトがそもそもできない年齢である。よって過去に拡散された情報はデマであった。「寄神るな」という人物は、以前、依頼者の運営する店舗においてアルバイトをしていた人物であり、不適切な行為をしたために退職してもらったところ、それを逆恨みしてインターネット上で業務妨害行為を繰り返していた人物です。社長の娘であるという誤解されるような行動をとり、あたかも社長の娘であると偽り今回の炎上騒動と結びつけました。警察が当時アルバイトをしていた人物について調査をし事実確認したところ不適切な行為を認めたという。しかし、その後不適切な行為をした従業員は自殺してしまったそうです。岩塩舐め女のバイトテロ事件の寄神ルナという人物と株式会社ユニマットキャラバンの社長には血縁関係はないそして娘ではありません。

バイトテロバカッターその後の末路蕎麦屋バイトテロ事件の事例

2013年7月ごろ、蕎麦屋でアルバイトをしていたバカッター当時多摩大学の学生が食洗器の中に入ったり、胸に茶碗を当てて遊んでいる様子をTwitter(ツイッター)に投稿して大炎上しました。この事件は元祖・バカッターと呼ばれています。この事件に憧れてあちこちで迷惑行為をするバカッターが増えたのではないでしょうか。ちょうどTwitterが普及し始めた頃で嬉しくなってツイートしたのでしょう。こちらの事件は2chでかなりこっぴどく叩かれたようです。

この事件で蕎麦屋は著しくお客様の信用を落としてしまったとして閉店に追い込まれてしまう事態になりました。蕎麦屋は3300万円の負債を背負うことになりました。その後バッターに対して損害賠償請求訴訟を起こしました。結局このバカッターを含む撮影者に200万円の損害金を支払いました。あまりにも安い賠償金です。店を潰された店主はさぞ悲しかったことでしょう。その後、この学生が就職できたのかは定かではありません。

こうのようなバイトテロはいつなくなるのか。またバイトテロは氷山の一角にすぎないと私は思います。

バイトテロバカッターその後の末路くら寿司バイトテロ事件

大手回転寿司チェーン店くら寿司で起きたバイトテロ事件です。こちらのバイトテロは、くら寿司森口店においてアルバイトの高校生がハマチの切り身をゴミ箱捨てそれを取出しまな板の上に戻し調理するという不衛生行為をしました。一緒にアルバイトしていた友人がTwitterに投稿して炎上しました。このバカッターが起こしたバイトテロは、災厄の場合食中毒になってしまう騒ぎになるかもしれない危険な行為でした。幸いにも食中毒は発生しなかったようです。この事件が発覚後、バカッターの高校生は、当然解雇され被害届を出されたこおとから偽計業務妨害で書類送検されました。その後、高校生がどうなったかは不明ですが、この先良いことはないでしょう。

くら寿司バイトテロ
くら寿司バイトテロ

つづく…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる