3500万円返還!決算代行業者はどこ「ガサ入れを避けるために返金か」

阿武町3500万円返還した決算代行業者はどこ
  • URLをコピーしました!

阿武町に決算代行業者から田口翔容疑者が振り込んだ4630万円のうち3500万円が返還されていることが5月23日捜査関係者の取材で新たに分かった。3500万円を返金した決算代行業者はどこなのかまたお金を返した理由を調査していきます。

目次

3500万円が返還!「阿武町はなぜコメントを差し控える!?」

山口県阿武町で4630万円の給付金を誤って24歳の男性に振り込んでしまったとして住民の田口翔さんが逮捕されました。田口翔さんは3つのネットカジノの決算代行業者に繰り返して出金していました。5月23日のネットニュースでその3つの内1つの決算代行業者が3500万円あまりが阿武町の口座に返還されたことが新たにわかりました。このことについて調査していきます。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還されたというニュース記事

山口県阿武町の田口翔さん24歳は、2022年4月8日に阿武町から463世帯分の給付金4630万円を誤って入金されたことを知りながら、オンライン決算サービスで自分の口座から決算代行業者の口座にこのうち400万円を振り替えたとして。電子計算機使用詐欺の疑いが持たれています。

田口翔さんは4630万円の給付金すべてをオンラインカジノで使ったと供述していました。そのうち1つの決算代行業者に27回送金を行っていて総額約3500万円に上ります。田口翔さんが逮捕されてた後、5月20日に3500万円が返還されたことが捜査関係者の取材で分かりました。

阿武町はこの3500万円返還されたことについて「コメントは差し控えたい」としています。なぜコメントを差し控えるのか意味がわかりません。普通であれば「4630万円のうち3500万円が無事返還され大変嬉しく思います。引き続き残りのお金も回収していきたいです。」などと発言すると思われます。なぜこのタイミングで発言を控えるのか疑問の声が上がっています。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還コメント

また、3500万円のを返還できたということは田口翔さんは4630万円すべてを使ったというわけではありません。なぜ全部使ってないという報道をしないのか疑問の声が上がっています。山口県阿武町が誤送金をしなければ田口翔さんは実名や住所を晒されなくて済んだことでしょう。なぜニュースで報道しないのか疑問です。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還されたというニュース記事コメント

なぜオンラインカジノの決算代行業者は3500万円もの大金を返還したのか。本当に田口翔さんが使っていたのであれば普通は戻ってこないはず。業者側に違法性があるかもしれませんね。警察のガサ入れが入り知られたくない経歴や明細などを隠しているかもしれません。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還されたというニュース記事コメント

3500万円が返還されたことで残り田口翔さんが返還しなければならない金額は約1130万円です。これであれば老後まで返還にかからないでしょう。しかし、阿武町は弁護士費用も請求約5100万円を返還しろと言っています。この要求をのめば残り約1600万円を返還しなければいけません。

追記5月24日、阿武町は誤入金した約9割の4299万円を確保したことを会見で明らかにした。阿武町側が確保したのは4299万3434円。田口容疑者が3社に出金した計4292万4691円と、田口容疑者の口座に残っていた6万8743円の合計という。町側の弁護士は「示談や交渉でなく、国税徴収法に基づいた(決済代行業者)3社の口座の差し押さえなどによって、法的に(約4299万円を)確保した」と述べた。また、阿武町側の弁護士費用が高いのではないかというニュース記事対してコメントをした。弁護士費用は訴訟で要求した金額の1割が弁護士費用となる。1000万円であれば100万円、300万円であれば30万円だという。最終的に裁判所が認めた損害額の1割が弁護士の報酬となると説明した。「のせられた463万円(の費用)は私と町との間の具体的な委任契約における金額ではない」と述べた。

引き続き4630万円問題について情報を追っていきます。

田口翔のFacebook顔写真「大家さんが男前と絶賛」4630万円誤送金

3500万円返還した決算代行業者はどこ!?「ガサ入れが入る前に田口翔と縁切り」

4630万円の給付金を誤送金されたことを知りながらオンラインカジノで使用した田口翔さん。このうち3500万円が決算代行業者から阿武町の口座に返還されたことが5月23日に捜査関係者の取材でわかった。3500万円の大金を阿武町に返還した決算代行業者はどこのなのか調査していきます。

なぜ今となってオンラインカジノですべて使ったと言っていたのにも関わらず、決算代行業者から3500万円が阿武町に返還されたのかこれは理由がありそうですね。考えられる理由は2つあるとみています。1つは警察のガサ入れが嫌だった。2つ目は優良業者としてアピールする絶好のチャンスと思い宣伝効果を期待した。これらが考えられる理由です。1つ目の理由がおそらく濃厚ではないでしょうか。決算代行業者にガサ入れが入ると、過去の経歴などが浮き彫りになり不正などがあれば決算代行業者も逮捕される事態になってしまいます。なんとしてもそれは避けなければいけないので田口翔容疑者が送金した3500万円すべてを阿武町に返還したのではないでしょうか。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還がなぜされたのか決算代行業者どこなのか

また、4630万円すべてオンラインカジノで使ったと田口翔さんは供述していましたが、3500万円をオンラインカジノで溶かしてしまったというのはすべてウソだったということではないでしょうか。また、内部を深く探られないようにさっさと返還してしまおいうと決算代行会社は考えたのでしょう。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還がなぜされたのか決算代行業者どこなのか
4630万円誤送金問題 3500万円が返還がなぜされたのか理由・決算代行業者どこなのか

となるとこの情報は田口翔容疑者を弁護している弁護士も把握しているのではないでしょうか。田口翔容疑者の弁護士は記者会見を開きましたが異例の顔出しNGでした。また、服装もだらしなくて胡散臭い弁護士だとネットで話題でした。田口翔容疑者の弁護士も怪しいとネット上で話題になっています。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還がなぜされたのか理由・決算代行業者どこなのか

田口翔の弁護士の名前は誰だ!?「サイズ不一致シャツが出てだらしない」

令和4年5月17日時点の電子決済等代行業者登録一覧が下記画像です。30社近く電子決済代行業者がいるので阿武町に3500万円を返還した決算代行業者を特定するのは困難でしょう。

3500万円返還した決算代行業者はどこなのか調査

ネット上ではオンラインカジノの会社を特定する動きがみられます。

  • L社・・・レオベガス
  • M社・・・ミスティーノ
  • A社・・・アロハシャーク

ではないかと推測されています。そもそもイニシャルがオンラインカジノの頭文字から取っているのかすらわからないので現状は特定できていません。オンラインカジノがどこの決算代行業者を介していたのかもわかっておりませんので特定は困難でしょう。

田口翔容疑者と決算代行業者がつながりがあるかは分かりませんが、これだけ大きなニュースになっているので決算代行業者も後ろめたい気持ちもある他、都合が悪いことも恐らくあります。田口翔容疑者とは金の縁を切っておさらばしたのだと考えられます。

4630万円誤送金問題 3500万円が返還がなぜされたのか理由・決算代行業者どこなのか

田口翔さんが利用していた決算代行業者が特定されたようです。

田口翔さんが利用してた決算代行業者を特定!
  • A社:AstroPay(アストロペイ)
  • M社:MuchBetter(マッチベター)
  • L社:La(Jeton)(ジェットオン)

マンチーズ田口翔のインスタ調査「学生のころのイケメンの面影は無い」

阿武町は3500万円返還する条件で口止めされているからノーコメント!?

5月20日に決算代行業者から阿武町の口座に3500万円あまりが返還されました。阿武町長はこの件について「コメントは控える」と発言している。これはなぜなのか考えられる理由はたった1つ。

田口翔容疑者が入金した総額3500万円を返還する代わりにどこの決算代行業者から返還されたという情報を一切公開しないという条件付きだったのではないでしょうか。決算代行業者そしてオンラインカジノの名前を公表してしまえば、その業者及びオンラインカジノの収益悪化につながる恐れがあります。

阿武町は誤送金した4630万円のうち3500万円を返還されてwin、決算代行業者は会社名やオンラインカジノの名前をそして警察のガサ入れが入らないのでwinでwinwinの関係だから阿武町は3500万円を返還されたことについてノーコメントなんだと思われます。

阿武町3500万円返還され阿武町長ノーコメントの疑問の声

阿武町もこれ以上被害を出しなくない一心なのではないでしょうか。誤送金した職員の特定なども始まっているのでこれ以上の被害を避けるための行動なのではないでしょうか。

4630万円誤送金したのは誰か特定!「4月入職の新入社員か坂〇さんか」

田口翔と弁護士は事前に打合せしていた!?

山口県阿武町で4630万円を誤送金した問題で返還請求に応じなかった田口翔容疑者を逮捕した。田口翔容疑者は4月8日に阿武町から誤って自身の銀行口座にお金を振り込んだことを知りながらオンラインカジノに出金していた。田口翔容疑者は4月14日の時点で弁護士に相談している。しかし田口翔容疑者は弁護士に相談している期間も4630万円の一部を送金し続けていました。何か策略があるからなのでしょうか。

田口翔容疑者は、お金は返せないため自己破産など様々な手を使おうとしましたが、却下され途方にくれていました。そんな中4630万円の一部400万円を使ったことでの逮捕容疑がかけられあえなくごようとなりました。阿武町は4630万円の返還プラス弁護士費用を請求しています。しかし、田口翔容疑者は弁護士費用は払わないと断固拒否しています。弁護士は逮捕された田口翔容疑者の罪を軽くするためにあの手この手を使って罪を軽くしようとしています。

田口翔容疑者が弁護士を雇ったのは万一の保険で、弁護士と相談して行くなかで返還した方が良いのではないかと考えたのでしょう。オンラインカジノでプールしていたお金を釈放されたあと使おうと考えていた可能性があります。そうでなければ3500万円を決算代行業者が阿武町に返還するわけがありません。

5月24日に阿武町で会見があります。詳しいことがわからないため現在いろいろな謎があります。

この記事はあくまでネット上で囁かれてる推測に過ぎません。100%事実ではないので予めご了承ください。

つづく・・・

田口翔は今どうなると良い!?どうなる人生を歩むのか!4630誤送金問題

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる