4630万円誤送金したのは誰か特定!「4月入職の新入社員か坂〇さんか」

4630万円を誤送金した職員は誰なのか特定
  • URLをコピーしました!

阿武町(あぶちょう)で給付金4630万円が誤送金され田口翔(たぐちしょう)容疑者が逮捕されたことが話題になっています。4630万円誤送金ミスしたのは誰か特定していきます。

目次

4630万円誤送金したのは誰!?「4月入職の新入社員:坂本さんか」

阿武町(あぶちょう)で給付金4630万円が誤送金され田口翔(たぐちしょう)容疑者が逮捕されたことが話題になっています。4630万円誤送金ミスしたのは誰か特定していきます。

山陰の日本海沿いにある山口県阿武町。日本海と山々の雄大な自然に囲まれたこの町の人口はおよそ3000人で、コンビニはなく、スーパーもたったの1軒という、穏やかな地域だ。4月8日、この小さな集落で町民たちを巻き込んだ騒動が勃発した。新型コロナウイルス感染症対策のひとつとして、生活が困窮している世帯への支援が行われたんです。この町には約1300世帯が住んでいて、そのうちの463の“住民税非課税”世帯が対象でした。しかし、ここであり得ないミスが発生したのです。1世帯に4630万円もの大金を振り込んでしまった。本来であれば463世帯に10万円ずつ支給されるはずのお金。それが1世帯に給付されるというあり得ないミス。4630万円を誤送金した阿武町の職員は誰だと注目を集めています。今回は、誰が4630万円を送金ミスしたのかを調査していきます。

下記が阿武町役場の人事異動一覧です。新規採用の欄に出納室(すいとうしつ)=坂本匠(さかもとたくみ)という名前が記載されている。《山口・阿武町 給付金4630万円誤送金》役場関係者から有力情報!返還拒否する“疑惑の移住者”を直撃とい週間女性primeの記事では、4月に採用になったばかりの新入社員が担当していたと記載されています。この情報が正しければ出納室に入社したのは坂本匠さんという新入社員になります。そして出納室にはベテラン社員らしき人物が4月18日に異動していることもわかりました。出納室長=近藤進(こんどうすすむ)さんと、出納室室長補佐=柴田奈美(しばたなみ)さんという方が4月18日に異動しています。柴田奈美さんは4月1日付で、議会事務局長(課長補佐の職)についていましたが、おそらく今回の4630万円誤送金問題で出納室に戻って来たのではないでしょうか。

阿武町役場の人事異動

新入社員が入職する前は、ベテラン女性職員が担当していた出納室の業務ですが、ベテランの女性は総務部に異動してしまいました。そのため、2022年4月に採用になったばかりの新人職員が給付金の送金を担当したということになります。4月8日に騒動が起き、わずか10日後に異動しています。4月1日の異動日から換算すると、18日という短いスパンで元の部署に戻っています。ベテラン女性職員というのは柴田奈美さんだと考えられます。

ネットではすでに入職してわずか18日で異動したというのはもうミスをしたということではないか?これはビンゴだろうと推測されています。

阿武町役場役場は、新人に重要な仕事を任せるが新人の仕事をダブルチェックしない。金銭が関わる重要役にも関わらずです。ミスした新人の名前は晒されず、誤送金され4630万円を返金しなかった田口翔容疑者だけが名前を晒されているという事実があります。今回ネットの特定班により阿武町役場の人事異動が明らかになりほぼ特定にいたりました。しかし、名前などは正式に公表されていません。世間を騒がせた4630万円の誤送金問題。新人教育を徹底するいい機会ではないでしょうか。

なお今回取りあげた内容は100%確実な情報ではありません。あくまでも推測です。その点はご了承ください。

引き続き4630万円送金ミスについて調査していきます。よろしくお願いいたします。

マンチーズ田口翔のインスタ調査「学生のころのイケメンの面影は無い」

田口翔のFacebook顔写真「大家さんが男前と絶賛」4630万円誤送金

出納室はどんな仕事をするのか「税金などの資金運用を行う重要ポジション」

山口県阿武町で4630万円が1世帯に給付されるミスが起こり話題になっています。給付された田口翔さん24歳が実名や住所を報道されるなどネコババした田口翔容疑者が注目されています。ここで阿武町職員の誰が給付金を誤って送金したのか疑問に思っている方が多いです。今回は給付金がどこの誰がやっているのかを調査していきます。

まず、みなさんから集められた税金や収納金といった国に納めたりするおかねそして、社会福祉費や施設建設費といった支出管理をしているのが出納室というところになります。今回の騒動を起こしたのは、出納室に今年新入社員として配属された人物が誤送金問題を起こしたとされています。

山口県阿武町では、コロナ給付金で1世帯あたり10万円を給付する方針でありました。そこで出納室の出番というわけです。指定金融機関・指定代理金融機関する業務に関係する今回の4630万円の誤送金問題は、フロッピーディスクが原因されています。またいつもはベテランの職員が担当していが、今回は入社して間もない新人ということでミスが発生してしまうリスクが高い状態でした。

  • 公共工事及び測量等業務委託の入札執行に関すること
  • 収入証紙に関すること
  • 物品購入(修繕)入札参加資格の申請受付に関すること。
  • 物品購入契約の集中処理に関すること。
  • 県公金支出の審査及び指導に関すること。
  • 出先機関の財務事務検査及び指導に関すること
  • 指定金融機関等の検査及び指導に関すること。

田口翔の弁護士の名前は誰だ!?「サイズ不一致シャツが出てだらしない」

田口翔は今どうなると良い!?どうなる人生を歩むのか!4630誤送金問題

3500万円返還!決算代行業者はどこ「ガサ入れを避けるために返金か」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる